【明日は4番目に一般質問です@佐賀市議会】

 佐賀市議会の6月定例会、明日は一般質問の2日目です。

 私・市民共同の山下明子は明日の4番目に質問に立ちます。

 質問項目は5つ。往復60分ですが、なんとか食らいついていきたいと思います。
 お近くの方はぜひ、傍聴にお越しくださいませ。CATVやインターネットでの配信もあり、スマホでもご覧いただけます。→https://www.city.saga.lg.jp/main/2397.html

  <質問項目>

1、佐賀空港の自衛隊オスプレイ 配備について
   令和3年3月議会での市長の「退任表明」との関連で

2、災害時の避難及び避難所対策

3、「#生理の貧困」についての市の認識と対応

4、佐賀市中小・小規模企業振興条例を生かした地域経済振興の取組は

5、夜間中学の設置について
   平成29年6月議会および令和元年6月議会をふまえて

81A0E7BA-78CB-4AF4-809D-F0ACC82ED7A3.jpeg

#佐賀市議会
#6月定例会
#一般質問
#市民共同
#山下明子

【叔父の記念誌】

 母の亡き妹・恭子叔母のお連れ合い、立石昭三叔父が4月8日に86歳で永眠されたのですが、昭三叔父(「しょうちゃん」とみんなでお呼びしていました)が生前に伏見医師会報などに書いておられたエッセイをまとめた記念誌を従妹が送ってくれました。
AE4E499B-76D4-46BC-BED7-6DBFBF127A8A.jpeg
 呼吸器科医として京都市立病院、兵庫中央病院での勤務、国立滋賀病院長などを務める一方でJICAの国際医療団の一員としてイエメンで従事されるなど、大活躍のしょうちゃんでした。

 恭子叔母は私の母とそっくりで、5人姉妹の従妹たちも私も双方に母親を間違えそうになるくらいでしたが、エッセイ集に収められた写真をみても、改めてそっくりだと感じ入ってしまいました。

 その恭子叔母と昭三叔父は本当に仲睦まじく、医師同士のご夫婦でとても忙しいご家庭だったと思いますが、5人姉妹はそれぞれがのびのびと育ち、たくましい主婦、母、保育士、看護師などとして活躍されていて、文字通りの「聖家族」だなあ…と思ったものです。

 7年ほど前に愛する恭子叔母に先立たれた叔父は、かなり精神的に落ち込んでおられたそうですが、近くに住む娘たちや介護サービスの利用をしながら、最後まで一人暮らしをまっとうされたとのこと。

 途中、大学生の孫娘が下宿した時期があったそうなのですが、「孫が同居している」という理由で、それまでのヘルパー訪問などの介護保険でのサービスが一切打ち切られ、全額自費負担となったのだそうです。で、これは理不尽だということで、「一切同居しないで外から見守る」ということにしたのだそうです。(それにしても、こういう国のやり方だから「ヤングケアラー」や家族介護のしわ寄せ問題が出てくるんですよね!)

 昨年4月のわが母と同じくコロナ禍での旅立ちでしたが、エッセイ集の添書きに「自宅で看取ることができ」とあったので、今日、従妹のゆりちゃんに電話で最期の様子を伺ったところ、一時期、ご本人の希望で入院されたそうですが、「やはり自宅がいい」ということで数日で退院され、その後はご自宅で過ごされたとのこと。

 癌などの痛みで苦労されていたそうですが、交代で泊まっていた従妹たちと在宅医の先生の連携で、最期は安らかに旅立たれたとのことで何よりでした。「コロナ禍で入院したら、面会も自由にできないので、最後は自宅で見送れてよかった」という従妹のゆりちゃんの言葉に強く共感します。

 しょうちゃんからは、これまでも時々エッセイをメールで送ってくださっていたのですが、エッセイ集にまとめていただいたものを、またじっくり読ませていただきたいと思います。

 エッセイ集には身近な話題からイエメンで働いたことを踏まえて、自衛隊の海外派遣や南スーダンへのPKO派遣に対する鋭い意見、多文化共生、ジェンダーに関わるテーマなど幅広い文章が盛り沢山ですが、最後あたりの「人の死因について」というテーマの文章と従妹たちによる後書きをご紹介しつつ。
F0BAFDEF-7871-4A96-864D-65A975D6BBEF.jpeg
3441993F-52C5-47CC-94F9-7D33175EA12E.jpeg
741CB48B-43D5-42E0-8EA2-2AC04ABD7E3C.jpeg

#エッセイ集
#立石昭三叔父
#異文化の風に吹かれて
#京都ゆかり