【佐賀空港へのオスプレイ配備への防衛局のうごめき、そして人事異動の季節】

 3月26日。
FC317AF1-52E7-4829-92EE-A5753F890204.jpeg

 昨日のニュースでも気になっていましたが、佐賀空港へのオスプレイ配備問題で、九州防衛局が佐賀県有明海漁協南川副支所を3月中旬に訪れたあと、24日から3日間にわたって地権者でもある組合員を地区ごとに集めてオスプレイ配備計画、地域振興策の説明を行ったとのこと。

 しかも、その中で土地の買収価格を示したとの記事が今朝の新聞に載っていました。
09016146-4494-4071-A1C1-47E9EA26199D.jpeg
 漁協は「ノリ漁期が終わるまでは対応できない」と言っていたはず。4月16日の最終入札を前に、九州防衛局がこうしたゴリ押しとも取れるような動きを見せるのは納得いかないものがあります。

 木更津駐屯地へのオスプレイ暫定配備にともなって「佐賀空港が適地である」と改めて表明した防衛大臣のコメントや、県議会の特別委員会で防衛局が「『自衛隊との共用はしない』とした佐賀県と漁協との協定の見直しを」と求める発言をするなど、ここへ来てジワジワと侵食されているような気になっています。

 「協定の整理こそが第一」「地権者の思い、先人の思いを忘れてはならない」としてきた秀島市長が今期限りで勇退すると表明したことで、「じゃあ、協定の整理をしてもらうために、地権者に説明させてもらおうじゃない」と防衛局が逆手にとって乗り込んできているような印象を受けています。

 ボヤボヤしていられませんね…。

 そして、世の中は人事異動の季節でもあります。佐賀市の人事異動記事も掲載されました。

 今年度は定年退職を迎える方々の多くが「還暦同窓生」とあって、より身近に思えてなりません。とは言いつつも、まだまだ定年退職という歳になったという実感も湧かず、新しい現場で引き続き頑張る姿も見られそうで期待しております。

 また、新しい女性部長も加わるのをはじめ、異動で新しい分野に挑戦される方々には、ぜひ市民の暮らしを守る市政を進めていただけるよう、ご奮闘いただきますように、と願っています。
406857EC-7286-4616-BF3E-9CBFDC120A86.jpeg

#佐賀空港オスプレイ配備
#人事異動

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント