【議会改革検討会@佐賀市議会】

 午前中は議会改革検討会が開かれるというので傍聴に出かけました。

 今日は委員会の動画配信について、というテーマとICTを推進する上で議会のWi-Fi環境を充実させてほしいということについて議会運営委員会に提言することが議題になっていました。

 が、動画配信については次回に回すということで、議会運営委員会への提言についての素案を確認するというくらいで、今回は20分くらいで終わりました。

 確かに、今の佐賀市議会では各会派の控え室に無線ルーターを設置していることでのWi-Fiはありますが、議会全体でどこでもどれだけでも使えるという環境にないため、zoom会議などをしたくても容量が不足する事態になります。

 本来は議会棟の改築の時にそこまで考えておけばよかったのですが、ここまで環境が変化するとは思っていなかったということです。

 Wi-Fi環境の整備・改善はどの議員も異論はないと思いますので、ぜひ予算付けも含めて早急に対応していただきたいと思います。
9F3904C3-2DE0-4E67-9A0F-4682E05FB284.jpeg
9443E2F6-02FD-4D71-9F8B-C8E4BA5B4855.jpeg

 ところで、議会改革に関連して、県議会の議会改革の委員会が10月終りに三重、奈良、和歌山、広島の県議会を視察したそうで、武藤明美県議の議会報告ニュースに各議会の比較表が載っていました。

 なかなかわかりやすいので、ここでも紹介しておきます。
F716F605-5C9D-460F-B770-B1A3D5EA535D.jpeg
 ちょっと驚いたのは、佐賀県議会ではまだ一般質問の形式が総括方式で、一問一答方式にするかどうかを協議中だということや、さらに驚いたのは、佐賀市議会(2016年)より早く2011年9月にiPadを全議員に持たせるようにされていたにも関わらず、いまだに「会議の場への持ち込みは禁止」となっているとのこと。現時点では、ファックスの代わりのペーパーレスが主目的になっているようです。


 佐賀市議会では、2016年にタブレットが導入されてからは「ICT推進委員会」を立ち上げて、各会派の代表が必要な検討を行い、全議員の研修を何回か実施しながら、今では本会議での市長の提案理由説明などもiPadで見るようになっていますし、むしろ委員会でも決算審査の時などに分厚い決算書と各種資料を読み分けることやメモするのが大変だからと、ノートパソコンの持ち込みも併せてOKになっています。


 今後は、本会議場での理事者側もタブレット対応できるようにしてもらうことなどを提言しているところです。


 町議会でもみやき町ではタブレットを使ってモニターに映しながら質問資料を共有するなど、先をいく取り組みをされているところがありますし、コロナ禍でICTの推進の必要性も浮き彫りになっていることから、さらに日進月歩の改革を進めることが求められている昨今です。

#佐賀市議会
#議会改革検討会
#ICT推進
#佐賀県議会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント