【地元協議も進まないのに佐賀空港へのオスプレイ配備造成費を倍額計上とは】

 防衛省は、2021年度予算概算要求で、佐賀空港へのオスプレイ配備計画に関して20年度予算から倍増となる60億5千万円を敷地造成費年して計上したとのこと。
11B15C34-1023-4D33-8264-949D196C62BB.jpeg

 地元では漁協と県との協定の整理についての話し合いも全く進んでおらず、これまでも用地取得、調査、造成費などで計上してきた予算はことごとく流されてきました。

 2020年度予算は30億円で用地取得、調査、敷地造成費に加え、実施設計費が盛り込まれていますが、今年度も1ミリも動くことはないと思います。まさに地元に対する神経逆撫での挑発的な振る舞いとしか言いようがありません。


 こういうところにわざわざ倍額の予算計上をするくらいなら、ホントのことろコロナ対策で困っている人々に支援を強める方で生かして欲しいものだとつくづく思います。


#佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備
#防衛省が倍額予算要求
#1ミリも進まないのに
#オスプレイいらない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント