【はじめてのzoom講座@佐賀市民活動プラザ】

 今日は市民活動プラザで「はじめてのzoom講座」に参加しました。
7F5ECD89-5AC8-4135-8C6E-20F29F1A2FE4.jpeg
92F78FFE-A6F3-418A-96F0-0FE860677592.png

 zoom自体は、これまでに研修会やミーティング、オンライン集会などで活用したことがありますが、いずれも招待を受けて受動的に参加する形式ばかりでした。


 しかも、タブレットで利用する場面ばかりでした。


 ただ、自分がホストになれるようにするためにも、またタブレットだけでなくパソコンでの操作ができるようになるためにも、改めて初心者向け講座から受けてみたいと思い、佐賀市民活動プラザ主催の連続講座に参加することにしたのです。


 今日は1回目で、zoomのイロハから、実際に市民活動に生かしておられる経験交流の発表がテーマで、会場には20数名が来られ、県外も含めてオンラインの参加者も一緒に学びました。
7E0D6EAC-0520-46DF-A8C2-029B9EF0C052.jpeg
43F0EC79-1A67-40C9-90AB-3DB2861FCDB3.jpeg

 zoomの講座は小郡市でITを生かしながら地域でつながりを作る活動をされているCORALという団体の山本奈穂子さんらによる分かりやすいお話と実践でした。


 今日はタブレットとパソコンを持ち込んで、両方からzoomにアクセスしてみるという体験をしました。やはり操作に慣れておかないと…とつくづく痛感!
35A71D77-B007-469C-8AAC-E45A2911AD55.jpeg

 実際の活用体験は、武雄市で子どもの居場所「よりみちステーション」に取り組んでおられる小林由枝さんと、障がい者目線での発信としてラジオ番組に取り組んでおられるお馴染みの「◯◯な障がい者の会」の内田勝也さんからの報告でした。
7E4082EE-79DC-49A2-AEA7-948814BAFFD6.jpeg
4B88E079-63A1-48A3-9953-FC7A98EFEFFE.jpeg

 どちらも、コロナ禍で集まれない中で見出したオンラインのメリットについて具体的に語られました。
 内田さんは、コミュニティFMでラジオ番組のメインパーソナリティを務めておられますが、ラジオの仲間たちがスタジオに集まりにくい状況で、一時的に放送を休止せざるをえなくなった時に、zoomでオンライン放送をすることを思いつき、毎週月曜日の「エイブル・オン・ラジオ」ならぬ、毎週土曜日の「エイブル・オン・zoom」を4月下旬から始めたのだそうです。
A31FFB5F-8404-4639-8671-970B111999EF.pngA31FFB5F-8404-4639-8671-970B111999EF.png
FCC0ECD9-5670-413B-AA85-A83ADC269789.png

 これを通じて、ラジオにおける「パーソナリティとリスナー」という関係とは違って、顔の見えなかったリスナーも顔を出して「参加者」となり、「まざり、つながる」という新たなコミュニケーションスタイルができてきた、という話は興味深いものでした。


 それに、オンラインは移動しなくても自宅や自分の一番居心地の良いところからでも参加できるので、ハンディを持つ人にとっては助かる、という面もあります。


 そういう利点を生かしながら、いかに幅広い方がつながりに入ってこれるようにするかの工夫も必要だと思い、講座の方では聴覚障がいの方の字幕対応のことやUDトークアプリとの連動のことなども質問させていただきました。


 今日は、バリアフリー映画を作る「みないろ会」メンバーの方や「佐賀の障がい福祉を考える会」のメンバーをはじめ、色々なつながりの方も参加しておられ、今後の活動場の交流も楽しみになりました。


 このzoom講座はあと2回(11月7日と11月26日)開かれますが、今度はオンラインで参加する予定です。


#はじめてのzoom講座
#佐賀市民活動プラザ
#佐賀県CSO推進機構
#CORAL
#よりみちステーション
#〇〇な障がい者の会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント