【「娘は戦場で生まれた」とAARのトークイベント@シアターシエマ】

 7月3日からシアターシエマでの上映が始まったシリア紛争のドキュメンタリー「娘は戦場で生まれた」と、それにあわせて開かれたAAR Japan佐賀事務所長・大室和也さんによるトークイベントが行われるというので、13時過ぎからシアターシエマへ。
9C3F7C5C-AEAB-4697-AB71-24B537192C9A.jpeg

 日曜日ということもあるのかもしれませんが、この手の映画にしては30名を超える観客で意外に多く感じました。

 映画は2011年にアレッポ大学の学生だった女性ジャーナリストが、アサド政権の抑圧政治に抗して学生や市民による平和的なデモンストレーション(いわゆる「アラブの春」)に加わっていた頃からシリア紛争に発展していく闘いの中で出会った医師との結婚、出産も経験しながら、現場から空爆下の市民の様子を撮影したものです。


 2016年の停戦合意で国外に退去するまでの5年間、特に子どもが生まれてから「戦禍の中で生まれた子ども」への想いが、日々、病院さえ爆撃の標的にされ、次々と運ばれてくる負傷者の手当てに奔走する医療スタッフや市民たちの凄絶な姿とが重ね合わさって、目を離す事ができませんでした。


 戦火の中の子どもたちは、泣き叫ぶ子もいますが、爆撃されたバスに色を塗ったり運転手さんごっこをして「学校に行こう」と遊ぶ姿もあります。この母の娘はじっと大人をみつめたり、あやされると声を立てて笑ったり、命がけの逃避行でも父親の抱っこ紐にくるまってあどけない瞳のまま、という場面には、胸が熱くなります。


 東日本大震災と時を同じくした2011年から「停戦合意」までの5年間、さらに現在に至るまで、アサド政権の下で民族的な内戦や外国の代理戦争などにより、どれだけの一般市民が犠牲になってきたのか、国際社会はなぜ止める事ができなかったのか、と考えざるを得ません。


 アフタートークイベントでは、AAR Japan佐賀事務所の大室和也さんとともに、シリア難民の支援をしている東京やトルコ駐在のスタッフの方もリモートで参加され、シリア紛争のこと、難民の置かれた実情などが語られました。
5C73928F-7BF2-4B54-BE09-2EBA7B91AE9D.jpeg
CABD1B65-5B0D-40F1-B6F6-22C3D99A41E6.jpeg
E112016D-1393-434B-99E1-26F859A6F46E.jpeg

#娘は戦場で生まれた
#シリア紛争
#AARJAPAN佐賀事務所
#シアターシエマ

【昨日の意見交換会の記事をみて思うこと】

 昨日、障がいのある方々との意見交換会の取材に来てくださっていた佐賀新聞の記事が掲載されていました。
E5A45D27-3E72-4FED-A5BB-FD6D36B57A15.jpeg

 取り上げていただいたのは嬉しいけれど、行政と当事者の方のことしか載っておらず、この会をセッティングした議会(議員有志ではあるけれど)の存在に1行も触れられていないのはちょっと残念。これだと、行政と当事者の方の意見交換会に、ただ議員が傍聴していただけ、という感じです。


 たしかに、議員は今回、後ろの席に座っていて、質疑応答や意見交換のコーナーでは議員は誰も発言しませんでしたから、傍目には存在感はなかったかもしれませんが、議員にとっても当事者の声とそれに応じる行政担当者のやりとりに耳を傾けること自体に意味があったと思いますし、橋渡し役を果たしたことに意義があると思います。


 時間の関係か、記者の方は最後までいらっしゃらなかったようですが、「普段、自分たちの関係者でばかり話をしているが、違う障がいの方の立場が聴けてよかった」「このような行政と当事者をつなぐ場を設けてくれた議員のみなさんにも感謝」「こうした場を続けてほしい」との声が何人もの方から上がっていたことの意味を、もう一歩深掘りして頂きたかった、という思いです。


 往々にして、議会のことを取り上げるときには、何か市政に問題があって、それを追及しているとか、議員に不祥事があった場合などに限られてしまいがちですが、それでは議会がつまらないものに映ってしまうのではないでしょうか。選挙の時に「議員の姿が見えない」「議会は何をしていたのか」という声を聞くこともありますが、議会は市民にとって身近な存在だということを感じてもらう上でも、こうした超党派の動きは押さえておいてほしい、と思うのです。


 議会基本条例の中では政策立案能力を磨くことや市民との意見交換のことなどが謳われています。厳密に言えば、議会が全体の意思として動いた方がいいのかもしれませんが、その前段階として、ひとつのテーマについて関心のある議員有志で取り組みを立ち上げていくことにも意味があると思います。


 この間、九州新幹線長崎ルートの件では、同じように議員有志で動いていることを紙上で取り上げています。バリアフリーの問題は、もっと市民生活にとって身近で切実な課題なのですから、こういうことでも議員の動きの部分にも光を当てていただけたらいいな、と思います。議員は市民の代表なのですから。


#メディアを語る
#議会の動き
#イベントの背景にも光をあてる
#つなぐ

【宝塚OGも大活躍@劇場版「逃げるは恥だが役に立つ」】

 いま、テレビでドラマ「逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン特別編」が放映されていますが、CS日テレプラスでは劇場版の「逃げ恥」がシリーズで放映中です。
F163D709-F204-47BD-AA85-707C4686C9E5.jpeg


 これは昨年10月にヒューリックホール東京で上演された「恋を読む」という朗読劇シリーズ第2弾で、「逃げ恥」の主な登場人物4名による同じ脚本を4つのキャストグループで上演するというもの。


 その第2パターンの公演に、元雪組トップの壮一帆さん、次の代の雪組娘役トップの咲妃みゆさんがご出演というので、楽しみにしていました。
37807B2C-C7AB-4663-A045-23E9E6F853BB.jpeg

 森山みくりに咲妃みゆさん、伯母の土屋百合に壮一帆さんという配役で、咲妃みゆさんは新垣結衣さんのみくりとはまた違う意味でぴったり。壮さんの百合さんは、石田さゆりさんと対照的な低めの声に、スレンダーで仕事のできるシングル女性、ということで、これまた役としてはぴったり。


 平匡さんや風間さんも違和感なく、限られたセットと表現による演出でたった4人の朗読劇なのに、作品の世界に引き込まれていくのを感じました。
 テレビでも聴き馴染みのあるセリフがいろいろ出てくるのですが、このキャストならではの空気が伝わってきました。


 テレビ版も朗読劇版も、それぞれに魅力のある作品になるというのは、原作の持つ力でもあるのでしょうね。
0B794FE4-3C06-4C36-9DB0-AE31F6CF4483.jpeg
3A3DFC01-E95A-408F-A8D7-FEC3644218FC.jpeg
1DD7B67D-DD5F-4AC8-AFC6-070569AE1D4B.jpeg
07BA9972-0398-4D86-A1A9-5200EA1908D0.jpeg
7004065B-1530-413F-B485-DEC2B8094721.jpeg
5C936B65-0C6C-4AA7-A15F-FC3303F7AFB9.jpeg
69E385B3-26B2-4ABD-A936-41C9A5B750A1.jpeg
2F66E849-ADB4-4A36-9854-876706F1069F.jpeg
F6E600E9-92DB-4EA4-B517-437198FEE4D0.jpeg
4DD08FC0-BA4E-4911-BD1D-5E68EBAB8522.jpeg
1CAFDB39-71E8-459D-B051-73624771C486.jpeg
D6A47445-E254-4011-8FD0-661A590AEF32.jpeg

#逃げるは恥だが役に立つ
#恋を読む
#朗読劇
#壮一帆
#咲妃みゆ
#宝塚OG
#日テレプラス