【午前中は代表者会議@佐賀市議会】

 今日は午前中に代表者会議が開かれました。
E1A7C301-2BB3-49C9-9EBA-0EA8FED6B01E.jpeg

 今年度の議会報告会の取り扱い、行政視察の取り扱い、新型コロナ関連での政府要請の意見書の件などが議題となりました。


 議会報告会は、広報広聴委員会で議論してきたとおり、通常の自治会長会の協力を得ながら公民館等で開く方法での開催は、新型コロナ感染拡大防止の観点から中止することになりました。一方で、市民との意見交換の場は委員会単位などで積極的に進めてほしい、ということも提起されました。


 行政視察については、当初、新型コロナ関連の予算付により、全体の財源不足を埋めるために、執行部が既決の事業の見直しをするという動きがあったことから、議会としても何ができるかを検討した経緯がありました。
 その中で、新型コロナの緊急事態宣言の最中でもあったことから、行政視察を取りやめてその予算を返上するという方向が提起され、6月議会を通じて各委員会ごとに議論を重ねてきていました。


 しかしその後、国から地方創生臨時交付金の佐賀市への上限額が約27億円になるということで、6月議会で議決した新型コロナ対策事業(約18億円)のほとんどがその対象になるということも分かったことと、6月議会中の一般質問でも市長が「既決予算の事業は進める」と答弁していたことなどにより、執行部としても、コロナ感染症の影響により既に中止が決定している事業や実施が適当でないもの以外の事業見直し・縮小は行わないとされたことを踏まえ、議会としても特段の行政視察中止や予算返上とはしないことになりました。


 あとは委員会や会派ごとの判断になります。ただし、事前に正副議長と協議することが前提で、視察先の条件や行程、相手側が受け入れてくれるかどうかなどの条件によっては実施できないこともある、ということです。


 この他、新型コロナ関連で財源不足を生じる地方財政に対する国の財源確保を求める意見書を9月議会で提案することなどが話し合われました。


 また、毎年の政務活動費のホームページでの公開が7月13日(月)からスタートするとの確認もなされました。今回から領収書も閲覧可能となります。

#佐賀市議会
#代表者会議
#議会報告会
#行政視察
#新型コロナ対策
#政務活動費の公開

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント