【九州北部3県、「大雨特別警報」から警報へ でも大雨洪水警報、避難情報は発令中】

 11時40分ごろ、福岡、佐賀、長崎の3県に出されていた「大雨特別警報」が「警報」に切り替えられました。


 しかし、これは「解除」ではなく、引き続き大雨洪水警報は発令中ですし、佐賀市なども避難勧告は継続しています。
6D60F20B-81E1-47E8-B8CE-B3E20F511A2D.jpeg

 筑後川上流の日田市で氾濫したとのニュースが流れました。これは下流域にとっては、本線だけでなく支流の中小河川も含めて今後の氾濫や洪水にもつながる危険があるということです。
 

 筑後川沿岸の自治体=佐賀市南部の川副、諸富地域、鳥栖三養基、福岡の久留米、大川などは、雨が小康状態になっても今後が心配です。
2BCB3D6E-915D-4250-83A8-785D0FF92C12.jpeg

 また、大陸側からの梅雨前線の影響で、まだ今夜から明日にかけても雨は繰り返し降り続ける見込みなので、やはり警戒を続けなくてはなりません。
A79A41F1-E5CF-4D9C-B986-637611DCF648.jpeg
22E09054-4958-4BA4-AB55-C5B8C3232CC8.jpeg

#九州南部北部7月豪雨
#命を守る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント