【実家で見つけたマスク、そんな時代もあったねと…】

 特定定額給付金の申請書が父の分も届いたので、必要書類のことなどもあって実家に行ってちょっと机の上を整理していたら、未開封の箱入りマスクを発見しました。


 なんと5枚入りで160円!

 今やマスク不足が少しずつ解消されてきたとはいえ、50枚入りで3000円前後しているようですし、ほんの数ヶ月のうちに「5枚で160円」など夢のように昔のことに思えてきます。
B4EDB7DC-E6F3-4A9D-9A71-4FC1F0DB51AF.jpeg

 そして、特定定額給付金の申請書は届きましたが、かのアベノマスクは、まだ届きませんね。


 もう、アレは本当にいらないと思います。

 そろそろ市場に出回り始めましたし、手作りマスクも普及してきました。
 「コロナ感染の緊急事態宣言が解消されても、無症状の人も不断からマスクをつけるべきだから、またマスクが品薄になるかも…」というニュース記事を見かけましたが、もう、そういう記事に踊らされない方がいいと思います。


 一般の人は使い捨てマスクを買い占めに走るのをやめて、不織布マスクは疾病のある人や医療など業務で必要な人にきちんと渡るように消費者として意識的にコントロールしていった方がいいのではないでしょうか。


 実際に、私はマスクの中のキッチンペーパーを取り替えながら、本体を繰り返し使うことで、この「マスク不足騒動」の中でも使い捨てマスクを新たに買うことは一度もなく、最近は頂いたり買ったりした布マスクを使い始めたので、手持ちだった不織布マスク14枚のうち7枚が残っています。


 そういうふうに過ごしていれば、アベノマスクに460億円かけるようなお金の使い方ではなく、PCR検査の拡充の方に回すこともできたのではないか、とつくづく思う今日この頃です。

#新型コロナ感染拡大防止
#マスク不足に踊らされない
#マスク不足をつくらない
#手作りマスクでいいじゃない
#不織布マスクは必要な人に

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント