【応急手当て普及員の認定取得〜2019年の振り返り②】

 昨年、佐賀市の北部地域の水害救援ボランティアに行ったのを機に地域防災リーダー研修を受け、防災士の資格を取得したのに続いて、今年は8月の佐賀豪雨水害の際に佐賀市が初めて立ち上げた災害ボランティアセンターの運営に県防災士会の一員として関わらせていただいたのがきっかけで、防災士会のさまざまな研修を受ける機会も増えました。


 その中で、11月14日の日本防災士会九州ブロックの研修会(災害時のトイレ問題、災害と障害者の課題)に参加したのに続いて、11月19日から21日までの3日間で応急手当普及員講習会に参加し、普及員の認定資格を取得することができました。
ED0A9DE3-A518-4186-861D-7A2B364CA85D.jpeg

 昨年は防災士資格試験のために普通救命講習を受ける立場だったのですが、今回はその普通救命講習の講師として活動する普及員を養成するというものだったので、1日目は講習を改めて受けつつ、2日目からは「どうやって教えるか」ということに主眼を置いた講習にシフトしました。


 福祉施設や消防団などいろんな方が参加されているのですが、グループ分けしたところ、2日目以降はたまたま防災士会のメンバーが集中する班となり、和気藹々としつつも防災士会の西会長のハイレベルな知識を目のあたりにしながら、心肺蘇生やAEDの操作方法などを繰り返し体験しました。


 座学では医学的な基礎知識の部分もあり、つい医療ドラマ(「ドクターX」とか「Doctor〜最強の名医」)に出てくる用語を思い起こしたりして興味津々で受講しました。


 3日目はグループワークの後に実技試験とペーパーテストがあったのですが、基本的に「指摘型」ではなく「ほめて育てる型」の講座にして応急手当ての講座をより多くの人が気軽に受けてもらえるようにする工夫などが強調されました。これはほかの分野にも役に立つものだと思います。
 実技試験は心肺蘇生の実技を習う役と教える役に分かれて行うのですが、その教え方、指摘の仕方も審査の対象となるということで、みんなドキドキしながら臨みました。
 


 3日間、濃密に学びあった仲間同士で、試験の結果、無事に全員合格することができました。


 せっかく学んだことを忘れぬうちに、地域や職場、グループで気軽に応急手当講習を開いていこうと誓い合ったことでした。
2F7B1211-5F84-4988-9583-A6A6A65BCA71.jpeg

#応急手当普及員養成講座
#普通救命講習
#心肺蘇生
#AEDの操作
#佐賀県防災士会
#救命講習を気軽に受けてみませんか

【父のグループホーム入所〜2019年の振り返り①】

 11月、12月にかけて、Facebookが止まりがちになっていまして、重要なことほど書き漏らすという悪い癖が出ておりましたので、年越しの前にご報告をば。


 実は、12月7日に父がグループホームに入所しました。
0E60E37D-D4E0-48B5-8441-DF1461645B57.jpeg

 というのも、8月のお盆直前に心臓に水が溜まって入院し、10月上旬に退院したものの、10日後に佐大病院で検査したときにまた神野診療所に入院することになったわけですが、その時に「今回はすぐに状態が回復したけれど、自宅に戻ったらまた食事や服薬がきちんとできなくなって入退院を繰り返すことになりますよ。そこさえきちんと管理できればいいのだから、見守りできる環境をそろそろ考えた方がいいですよ」とDr.に言われたのです。


 それからひと月ほど曖昧にしていたのですが、忘れもしない11月10日、オスプレイ 反対の集会の後、診療所に見舞いに行ったところ、当直のナースから「あなたが思っている以上にお父さんの身体はシビアなのだから、真剣に施設を探してください」と言われたのです。


 そこであくる月曜日、朝から佐賀中部広域連合のホームページから「介護施設一覧」を眺め、あちこちの施設のサイトを見ていく中で、距離的に一番近いグループホームを見つけました。それが中の小路紀水苑です。


 何しろ、今の大財に転居する前は中の小路に35年以上住んでいた父ですから、馴染みのある場所だし、周りの方も父をよく知ってくださっているので、万一、迷ったとしても声をかけてくれる方もおられるだろうし、私にとっても自宅から道を一本隔てただけという近さなので立ち寄りやすいというメリットがあります。


 さっそく連絡したところ、幸いにも空きがあるということでその日のうちに見学に行きました。
 元の迎産婦人科の建物をそのまま使っておられるので、新しくはないのですが、それが自然でいいと思いましたし、グループホームですから少人数で目が行き届くという良さもあります。


 他にも紹介してもらったところがあるのですが、郊外の離れた場所で、父も「中の小路のほうがいい」というのでほぼ即決しました。そこからいろいろ施設と本人、診療所との面談や調整をしていただき、入所させていただけることになり、12月7日に入所したのです。


 とはいえ、見た目は元気な父なので「なぜこの人がグループホームに?」と思われるかもしれませんし、父自身が「なぜオレが?」という思いを拭えない状態にあります。それは今でも続いています。


 ですが、水分や塩分の量、尿の量、不整脈もあるため脈拍も含めていろいろ気遣いが必要な父のケアを私が母も含めて行うのは自信がなく、気の毒な気はしましたが、入所してもらうことにしました。

 中の小路紀水苑は「紀水苑」グループのフランチャイズ契約施設ではありますが、株式会社アクセプトライフという全く地元の方が経営されている施設です。
 施設の代表ご自身が車椅子の障がいを持つ方なので、介護される人と家族の安心のためにどうしたらいいかをよく考えてくださっていると感じました。施設長である奥さんはじめ、スタッフの方たちがとても温かく、ここなら安心、と思えました。


 父が入所したのが7日の土曜日で、翌日8日の日曜日は朝から母を紀水苑に連れて行き、1日を一緒に過ごすと、母もすっかり馴染んでいました。実はここでは「銀子堂」という親子食堂も運営されていて、小学生以下は手伝いも含めて1食100円、70歳以上は300円ということで食事ができるのだそうです。(70歳以下も食べていいのです)母は入所者の家族ということで、居場所としてゆったりと過ごさせてくださるのです。これが私にはとても助かることでした。


 また、地域交流ということで毎月第2土曜日の「勧興まちの駅」の時もホームから参加させていただくということで、12月24日のまちの駅で久しぶりに父の顔を見たという友人の方たちにも声をかけてもらいました。


 12月22日にはクリスマス会があり、三瀬村のレストランハーブから出張でフレンチのお料理を出していただき、飛び入りで歌のミニライブやプレゼントを頂いたり、と、楽しいひと時を過ごすことができました。


 そんなこんなで、このひと月半は父のグループホーム入所という、ちょっと我が家にとっては大きな変化が訪れていたのでした。


 大晦日の今日も、母は朝から夕方まで紀水苑で過ごし、お正月の明日は3ヶ月ぶりに父を自宅に連れてくることにしています。

#家族の肖像
#いやはや介護日記
#父の入所
#中の小路紀水苑
#まちなかのグループホーム
#住み慣れた地域で暮らしたい

【私の頭にもお正月がやってくる】

 一昨日、母を美容室に連れて行って、髪をスッキリしていただいたのに続いて、今日は私も美容室に行きました。


 私は高校時代からの行きつけの美容室で、独立され、白山アーケードにお店をもたれ、さらに嘉瀬町に店舗を設けられてもずっと通い続けています。しかも、いつの頃からか、大晦日にお世話になるというあつかましい事が「ならわし」になっていまして「山下さんが大トリを務めないと年が越せない」と言ってくださるのに乗っかっています。


 昔は美容室は初詣のお客さんがおられたりして、大晦日の夜遅くまで開いていたものですが、近年はそういうこともあまりなく、年末年始はお休みというところもあるというのに、ありがたいことです。


 いつもはここでスッキリとショートにしていたのですが、昨年の夏からヘアドネーション(医療用かつらへの提供)をめざして、髪を伸ばし続けているので、昨年末に続いて今年もカットは揃える程度にして、1年ぶりにゆるくパーマをかけていただきました。


 ということで、私の頭にもお正月がやってきました。


 最後に「美容室メリーゴーランド」の小川夫妻とスリーショットを撮っていただいてから気付いたのですが、昨年も同じ服を着ていたのですよね。何だか定点観測になりそうです。(2枚目の写真は去年です)
FE9C83D6-0EC9-407D-BEED-E6B84A57A9F6.jpeg
77BC3895-6D0A-437C-9EA5-9E7E0FF31EAD.jpeg

#私の頭にもお正月がやってきた
#めざせヘアドネーション
#美容室メリーゴーランド

【長崎の折り鶴と佐賀の重要無形文化財・名尾手すき和紙が結ぶ平和の絆】

 早くも今日は大晦日。

 戦の絶えない世界を平和にするためには、武器による脅しではなくお互いの理解と尊重こそ大事、と来日したフランシスコ教皇が語ったことが、今年を振り返るメディアでも取り上げられていました。


 そして今日の西日本新聞1面ににちょっと嬉しい記事が。
8EEEE8FF-D286-41F8-AC81-D24E10E6734B.jpeg

 佐賀県重要無形文化財である名尾手すき和紙の7代目・谷口弦さんが、長崎の原爆資料館に全国から届けられた千羽鶴を手すき和紙に加工して再生するというニュースです。


 原爆資料館には年間750キロもの千羽鶴がおくられ、1年ほどは展示されるそうですが、その後の保管などに苦慮しているとのことで、谷口さんはポストカードの制作に乗り出しておられるとのこと。


 佐賀市大和町名尾地区からも原爆のキノコ雲が見えた、と亡くなった祖父から聞かされてきた谷口さんにとって、無関心ではいられない、とのことで、「いずれは平和祈念式典の招待状にも使われれば」と語っておられます。


 300年以上続く名尾手すき和紙は今、谷口さん1人が受け継いでおられます。その和紙を使って佐賀市の功労賞の賞状や卒業証書が作られたりもしていますが、貴重な伝統工芸が長崎と佐賀を結ぶ平和のメッセージになるというのは、とても嬉しいことです。


 毎年8月に開かれている佐賀市平和展でも、なんらかの活かし方ができればいいと思います。

 歳の終わりに平和につながるいいニュースをいただきました。
CB46168F-1556-4738-A744-47675384ECDD.jpeg

#名尾手すき和紙
#佐賀県重要無形文化財
#長崎原爆資料館
#折り鶴
#平和のメッセージ

【「人生をしまう時間」@シアターシエマ】

 年末の忙しい時でも、観たい映画はありますね。

 ということで、お昼をはさんでシアターシエマに行き「人生をしまう時間(とき)」(下村幸子監督)を観てきました。
01A3F684-307F-480A-978E-A48F84FE0A56.jpeg
 NHK BSのドキュメンタリー番組で見たことがあるのですが、再編集しての映画化というので楽しみにしていました。

 埼玉県新座市の堀ノ内病院の在宅医療チームで働く80代と50代の2人の医師と患者・家族たちの姿をみつめるドキュメンタリーです。

 「住み慣れた場所で最期を迎えたい」と多くの人が願っていると思いますが、経済的な条件、医療体制の環境などによって、それが叶えられるかどうかは様々です。

 私は以前、在宅で看取りを進めている小笠原文雄医師の「なんてめでたいご臨終」という本を読んで、在宅医療の可能性に期待を持った1人ではありますが、この映画は、単純に在宅医療をバラ色に描いているというわけではありません。むしろ、患者本人や家族と医療チームのドラマだと思います。


 全くのひとり暮らしの方の所に毎日娘さんが通ってきて、「特に医療的なことは望まない、自然に逝ってくれたらいい」と見守りを続けられるのですが、最後には訪問看護の助けを得ながら穏やかに旅立ったお母さん。


 「薬なんかいらん」「入院なんかしない」と強情を張る父親の介護をしている70代の息子さんが、介護疲れになってるのを察知して、入院を勧めるドクター。


 80代で1年前から2階の部屋から降りられなくなった妻を、介護サービスを一切受けずに同じく80代の夫が1人で世話をしているのを見て、なんとか介護サービスにつなげようとする医師。ようやく介護ベッドが入り訪問入浴サービスも受けられ「助かった」という夫ですが、一方の妻は、以前、布団で寝起きしながらトイレの世話も夫に頼りながらも元気におしゃべりをする勢いがあったのに、介護ベッドに窮屈そうに収まって「お風呂は来なくていい」と元気をなくしてしまっている姿も映ります。
 不便さがかえって元気にさせていた部分もあるのかな…と考えさせられるシーンでもありました。また、なぜ介護サービスを受けないのか、施設を利用しようとしないのか、という背景には「お金がなければ少ない年金ではどうしようもない」と諦めている夫の思いがあったのも描かれます。


 103歳で息子夫婦の世話を受けながら、それなりに元気に過ごしていた女性は、「自分1人で留守番できるから、と言ってもそれでは家族が安心して温泉にも行けないでしょう。たまにはショートステイを使って、お泊まりしてみたら」と医師が説得。やがてショートステイを繰り返す中で施設への入所につながっていくのですが、ご本人は納得していない様子が見て取れました。それでも、最後には施設で静かに旅立たれたとのこと。


 90代でひとり暮らしの男性は、最近トイレが間に合わないことが多く、娘がトレーニングパンツを使うように勧めても「プライドが許さない」と拒否するというので、娘婿さんと医師が「男同士で話そう」と説得する姿も印象的でした。


 子どもが親を看取るばかりでなく、その逆もまた。50代で子宮頸がんを患った娘を看取るお母さんのエピソードも心に響きました。


 最も長く描かれて印象に残ったのは、47歳の全盲の娘さんが90代の癌の父親を介護する姿です。幼い頃に全盲になった娘を大切に育て、脳梗塞で倒れた妻を看取り奮闘してきた父親は、肺がんで入院を勧められても「不自由な娘がいるから」と在宅での療養を選びます。全盲の娘は、父の妹など親戚が通ってきて一緒に料理をしたりしながら父を全力で介護します。
 最後は娘自身が呼吸を確認し、死亡時刻を確認するという姿も。


 一人一人のエピソードが濃くて、我が親のことを考えながら胸がギュッとなる部分もあるのですが、それ以上に温かくて、結構笑っていた自分がいました。


 誰もが必ず迎える死を、どのように受け止めて過ごすのか、柔らかい気持ちで考えることのできる映画です。


 この映画はUDキャスト対応で、スマホなどのタブレット端末にインストールされていれば、イヤホンを持参して音声ガイドを聴きながら見ることができるようです。みないろ会の音声ガイド作成班としては、どんな音声ガイドを施されているのか、興味津々です。
 短い上映期間だと思いますが、ぜひ、お正月明けにもう一度観に行きたいと思います。こんどはイヤホン持参で。

#人生をしまう時間
#シアターシエマ
#UDキャスト
#NHKエンタープライズ
#下村幸子
#在宅での看取り

【母の頭にお正月がやってきた】

 年末に髪を整えると「お正月がやってきた」と言われますが、午前中は母を美容室に連れて行きました。

 264号線沿いの成章町にある「キャッツ」という美容室です。

 こちらでは、高齢のお客さん向けにバリアフリー仕様で、洗髪台が移動式で椅子の足元に給湯装置が設えてありそれぞれの椅子に座ったままで洗髪をしていただけるということを知って以来、母の髪のカットをお願いしています。
39F0A691-D416-474A-92FD-5D56578B4052.jpeg
23B80EA2-FABA-498C-9086-D42F688C42AA.jpeg
01310295-CEFF-4773-8ABF-9116EA5698BA.jpeg
D123CC10-A731-4EFA-A8E6-8EE2244106DB.jpeg

 オーナーの平川さんご自身が「100歳になるまで頑張る」というつもりでおられたのですが、パーキンソン病を患われてからは、身体と相談しながらの営業となっているようですが、本当に頑張っておられるなあ…と思います。


 最近、ざんばらになっていた母の髪でしたが、じっくりシャンプーをしていただき、すっきりカットしていただき、眉も整えていただいて母も満足気でした。
A3A6C94A-8CC3-4714-9F7B-AD3A25459828.jpeg
E6B64CB0-0EA1-43AB-819F-30DF2E6DA51C.jpeg

 これで母の頭に一足先にお正月がやってきました。
13B160A1-4EB8-4D6A-957D-686CE3AA1559.jpeg

#お正月
#美容室キャッツ
#バリアフリー

【2019年最後の原発ゼロカフェ@佐賀】

 毎月第4土曜日の「原発ゼロカフェ」も今年最後。12月28日の「仕事納め」にふさわしい日取りとなりました。
548263F8-3891-463C-968B-EA07D264F15E.jpeg
 今回は、原発の検査制度が来年4月から変わることについての問題点を「さよなら原発佐賀連絡会」の杉野さんからの報告で聞き、後半は福島の「生業訴訟」で仙台高裁が2019年5月27日に実施した「現地進行協議」(裁判官が現地を視察しながら確認する)に参加した東島弁護士からの被災地の8年目の様子についての話を聞きました。
558E6D33-B756-4F94-8FD5-AC14C185835C.jpeg

<杉野さんの話>

◯これまでの原子力規制委員会の13カ月ごとの「施設定期検査」が廃止され、電力会社自らが検査を行う「定期事業者検査」になり、規制委員会は自ら検査をせず文書報告だけになってしまうのに、まともに国民に知らされないままに進められている。
別に保安規定による検査はあるものの、敵検査のやり方が大きく変わるのは問題。
 ※ →この検査制度の改定を含む改正法案が2017年2月7日に閣議決定され、3月24日に衆議院、4月7日に参議院本会議を通過していました。
◯新検査制度では「抜き打ち検査ができる」というけれど、これまで定期検査中に原発を止めて行っていた保守点検の多くを運転中にオンライン検査で実施することで、記録にとっておけばいいということになる。
◯運転期間が最長24ヶ月になり、多少のひび割れなどの劣化が見つかってもこれまでは小さな傷でも修理を義務付けられていたのが、次の検査までの故障の原因にならないと判断する「維持基準」に適合するとされたら、そのまま運転が続けられる。長期運転のために使われる高燃焼度燃料により、崩壊熱の高まりによる炉心溶融事故や燃料棒破損事故の可能性が大きくなる。
◯新検査制度の見本はアメリカにあり、計画的に行う機器の分解修理作業を縮小し、確率的リスク評価で原発システムの故障時期を予測し、実際に故障する数週間前に対応(止めて修理する)故障を避けるという方針。他のシステムならまだしも、ちょっとしたことでも壊滅的な事故につながりかねない原発で、そういうやり方をとっていいのか。
◯検査の主体は電力会社だが、これまでデータ改ざんやもんじゅのナトリウム漏れ事故での事故現場のビデオを隠したりするようなことが起きている。佐賀でも玄海原発のやらせメール問題などが発覚したりしており、検査は第三者機関が公正に行うべきではないのか。
8259E5D2-CF62-4DB0-BED6-E656D21E6E3C.jpeg
AB59335D-16C8-4E5A-BECE-4A748FE1D2AE.jpeg

<東島弁護士の報告>

 11月の玄海訴訟の準備書面69号では、今年5月に福島の生業訴訟で仙台高裁が行った「現地進行協議」に参加した東島弁護士の報告が反映されている。
◯現地進行協議では事故から8年経った浪江町と富岡町をまわっった。浪江町と富岡町の個人宅3軒と「復興が進んだ象徴」と言われるふたば医療センター、富岡小中学校、さくらモールとみおかを視察した。
◯浪江町では、震災前に建てて、震災でもびくともしなかった自宅でも戻れない。
◯富岡町は震災前は1万6千人だった人口が、2019年4月現在で1000人弱。小中学校は全校で40名。震災前にはバドミントンで全国強豪だった富岡中だが、今はチーム競技や演劇、合唱などは難しく、陸上など個人競技がメイン。
◯商業施設はスーパー、ホームセンター、フードコートが入っているが、飲食店は日曜定休日、平日も3時には閉店するということで、除染作業などに従事する人たち向けになってしまっており、近隣住民にとっては、いわきまで行かなくても買えるという支えにはなっているものの帰還推進には繋がりえていない。
 被災から8年後の現地の生々しいスライドを見た参加者からは、「百聞は一見にしかず。現地を見たらどう思うだろう」「福島に足を運んだ秀島市長が行政の長としてどう感じたか、証人申請してみたい」などの意見が出ました。
 私も3年前に福島の浜通りの被災地を見て回ったので、それから3年経って「帰還制限」が解除されても住民が戻っていない状況にあるのを見ると胸の痛む思いでした。
21E34D40-2762-4755-8B77-3482AD227426.jpeg
809B9094-721F-4554-A42F-8E2CA27D3258.jpeg
E95CB0D9-6EC5-445C-ACFA-5AF485B6C5FB.jpeg


 次回は都合により1月はお休みで、2月22日となります。
 テーマは「福島第一原発の汚染水の処理問題」について(私がレポート担当となりました)「廃炉に向けてのやり方について考える」(拡散しないで封じ込める)などについて、ということになりました。

#原発ゼロカフェ
#原発なくそう九州玄海訴訟
#生業訴訟