【応急手当て普及員の認定取得〜2019年の振り返り②】

 昨年、佐賀市の北部地域の水害救援ボランティアに行ったのを機に地域防災リーダー研修を受け、防災士の資格を取得したのに続いて、今年は8月の佐賀豪雨水害の際に佐賀市が初めて立ち上げた災害ボランティアセンターの運営に県防災士会の一員として関わらせていただいたのがきっかけで、防災士会のさまざまな研修を受ける機会も増えました。


 その中で、11月14日の日本防災士会九州ブロックの研修会(災害時のトイレ問題、災害と障害者の課題)に参加したのに続いて、11月19日から21日までの3日間で応急手当普及員講習会に参加し、普及員の認定資格を取得することができました。
ED0A9DE3-A518-4186-861D-7A2B364CA85D.jpeg

 昨年は防災士資格試験のために普通救命講習を受ける立場だったのですが、今回はその普通救命講習の講師として活動する普及員を養成するというものだったので、1日目は講習を改めて受けつつ、2日目からは「どうやって教えるか」ということに主眼を置いた講習にシフトしました。


 福祉施設や消防団などいろんな方が参加されているのですが、グループ分けしたところ、2日目以降はたまたま防災士会のメンバーが集中する班となり、和気藹々としつつも防災士会の西会長のハイレベルな知識を目のあたりにしながら、心肺蘇生やAEDの操作方法などを繰り返し体験しました。


 座学では医学的な基礎知識の部分もあり、つい医療ドラマ(「ドクターX」とか「Doctor〜最強の名医」)に出てくる用語を思い起こしたりして興味津々で受講しました。


 3日目はグループワークの後に実技試験とペーパーテストがあったのですが、基本的に「指摘型」ではなく「ほめて育てる型」の講座にして応急手当ての講座をより多くの人が気軽に受けてもらえるようにする工夫などが強調されました。これはほかの分野にも役に立つものだと思います。
 実技試験は心肺蘇生の実技を習う役と教える役に分かれて行うのですが、その教え方、指摘の仕方も審査の対象となるということで、みんなドキドキしながら臨みました。
 


 3日間、濃密に学びあった仲間同士で、試験の結果、無事に全員合格することができました。


 せっかく学んだことを忘れぬうちに、地域や職場、グループで気軽に応急手当講習を開いていこうと誓い合ったことでした。
2F7B1211-5F84-4988-9583-A6A6A65BCA71.jpeg

#応急手当普及員養成講座
#普通救命講習
#心肺蘇生
#AEDの操作
#佐賀県防災士会
#救命講習を気軽に受けてみませんか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント