【現役佐大生・宮木賢人 秋のピアノリサイタル〜クラシックとJazzの夕べ〜】

地域防災リーダー研修会のあと、夕方は、鹿島市の生涯学習センター・エイブルに車を走らせました。


家族ぐるみで長いおつきあいのある方のお孫さん・息子さんである宮木賢人さんのピアノリサイタルにお誘いいただいていたからです。
DF2C5DC6-332D-4F20-B52F-3A76E99210A5.jpeg

宮木賢人さんは佐賀大学Jazz研究会でピアノを担当し、昨年部長を務めていました。4年生を前に昨年末のコンサートで代替わりとなりましたが、何度か聴きに行ったステージはいつも素敵でした。


今回は、来年卒業・就職を控え、賢人さんにとって最初で最後の佐賀でのソロリサイタルとのこと。
なぜ鹿島のエイブルなのか、ということですが、実は現在のエイブルの永池守館長が嬉野小学校の教員時代に賢人さんのお母さんが教え子で、そのお母さん(おばあちゃん)が学級の母親委員をなさっていたとの繋がりがあったとのことで、佐賀に移って開かれたお店(レストラン「時代屋」)にも時々足を運ばれていたとのこと。

やがておばあちゃんが体調を崩されて永池館長がお見舞いに行かれた時に「エイブルにあるスタンウェイで孫に弾かせてほしい。聴きに行くから」と言われていたそうなのですが、今年の3月19日に亡くなられてしまい、何としてもおばあちゃんとの約束を果たしたい、との思いで実行委員会方式でリサイタルを開くことにしたのだそうです。(ここまで永池実行委員長のご挨拶より)
1F3B02B6-0CB6-432F-A4D7-660D0A0A3AB5.jpeg

実は、私も賢人さんの父方・母方の両方と長く親しくさせていただいているのですが、昨年末の佐大のジャズ研のコンサートに、車椅子のおばあちゃん(喜美代さん)が酸素ボンベをたくさん携えて聴きにいらしていたのを最後に、亡くなられていたのを全く知らなかったのです。(お身内だけで送られたそうです)


賢人さんとしても、いつも応援してくれた大好きな喜美代おばあちゃんを追悼したい、との思いもこもったリサイタルだったのです。


開演時間ギリギリに駆け込んだら「アッコちゃん、来てくれたね!あいにくチケットはもうないけど、席はチラチラあるから、何とか探して座って!」とワンコインの入場料だけお支払いして会場に入ることができました。


エイブルのホールはほぼ満席でしたが、幸いにも2列目で空いている席を見つけ、ピアノの手元は見えない代わりに表情はよく見えるという角度でゆったりと楽しむことができました。


いつもジャズ研での演奏ばかり聴いていましたが、今回はクラシック、ジャズ、J-POP、ゲストのシンガー・同期の元山朋美さんの歌とのコラボ、童謡メドレーと幅広いジャンルの演奏でした。
7B2F3814-F2EA-4B9D-AA35-0B1003EDA8DB.jpeg

クラシックでは、リストの「巡礼の年第3年」より第4曲「エステ荘の噴水」の水の湧き出るイメージが豊かで繊細な音に引き込まれました。


ジャズではどの曲も水を得た魚のように軽快で、楽しげな演奏でしたし、元山さんとのコラボでは「花は咲く」が心に響きました。
C9C7EF74-9139-464F-88A2-0786DD22CBD1.jpeg

童謡メドレーは「ふるさと」「朧月夜」「この道」「七つの子」「荒城の月」などのおなじみの曲をジャズアレンジしたメドレーで、こども劇場の活動などを積極的になさっていた喜美代おばあちゃんに捧げる思いが伝わってきました。


アンコールは大好きな「この素晴らしき世界」で、胸が熱くなりました。宮木賢人さんが佐賀を離れてしまうのがホントに惜しいなあ…と思うのですが、就職先の東京でも、機会を見つけてぜひピアノを続けてもらいたいものです。


ちなみに、このリサイタルの実行委員会のメンバーに私の中高同期でもある #農家サックス奏者 #香月卓也 さんの名前を見つけたのも嬉しいことでした。

みんなの想いの詰まったリサイタル、きっと喜美代さんにも届いたことと思います。
49B005B0-A7A8-495C-B2F9-1C54C39CB529.jpeg
#宮木賢人
#佐賀大学ジャズ研究会
#秋のピアノリサイタル
#鹿島市
#エイブルホール
#スタンウェイのピアノ

【昨年の受講生が今年は県防災士会の支援スタッフの一員に!@佐賀県地域防災リーダー養成講座】

地域の河川清掃を終えて、急いで県庁へ。


昨年、私も受講生の立場だった佐賀県地域防災リーダー養成講座の「まち歩き」プログラムの支援スタッフとして佐賀県防災士会から6名参加したうちの一人になりました。
先のボランティアセンターの時には間に合っていなかった「県防災士会」のスタッフカードも頂き、気を引き締めての参加です。
79235D85-30EF-40CC-B168-83A6472A1C3B.jpeg
49019CEF-0193-4C56-B9F4-26F043B4D4C1.jpeg
74B9FE04-95FC-42EB-890E-48CE0894903A.jpeg
A630C6B2-D241-4AE2-83B9-7809365C5086.jpeg

防災士会の西会長、益田副会長、小林事務局長のベテラントリオ以外の3名は、それぞれ昨年の受講生だったメンバーで、「去年の緊張感が蘇るね」といいながら、前半の小林紀事務局長による県防災士会の活動の報告、佐賀県総合防災アドバイザーの瀧本浩一先生の講話を聴きました。


瀧本先生の話はいつも過激なくらい率直で、笑いが止まらない中でいろいろと気づきをいただきます。
とくに、防災・災害対策において「自助・共助・公助」とよく言われていることが、実は災害時には全く役に立たないこと、また避難訓練ばかりしていても、その先どうするかが考えれられていないことや、何より災害が起きた時にいかに被害を最小に食い止めるか、または逃れるかということを念頭においての「平常時の意識づけ」こそが大事なのだということ、そしてそのためには自助できるための動機付けとしての公助→共助が大事なのだということ、まさにそれが地区防災組織の意義なのだということを、昨年も聴きましたが、あらためて学び直しました。


こういう話は何度聴いてもいいものです。そして、瀧本先生は「佐賀県防災士会はとても積極的に地域に入って活動していて素晴らしい」と評価してくださっていました。
B5A2A069-7E1E-4351-B54F-78C2400D3C71.jpeg

後半は、座学からグループワークに入り、リーダー、サブリーダーを決め、みんなで地図上に貼った透明シートの上に河川や安全と思われる場所、病院や薬局など助けとなる資源があるかどうか、などをマジックで書き込んでいきます。
担当エリアを実際に歩いてまわって、危険箇所などをさらに検証していくというのが「まち歩き」です。
37A71ED9-196F-4EF4-B41E-3395B94DA0E2.jpeg
0932FDE7-B1E7-4770-B1AF-204044002FEC.jpeg
9625862F-D4C2-41A9-8754-A25FC5EF4305.jpeg
7B523365-7A3F-467D-880B-CB6FCDB47653.jpeg
63D13FB0-3844-4083-94F7-4A2FAD27BEDA.jpeg

受講生は県内各地から参加されているので、私たち防災士会のスタッフは市内の地理に詳しくない市外の参加者のグループにガイドとして入りました。


昨年は循誘小学校の周辺のエリアをまち歩きし、いろいろチェックしたことが日常的にも意識づけになって、危険家屋が更地になるなどその後のまちの変化も気になるようになっています。


今回は鳥栖市、多久市、伊万里市などからの参加者のFグループに入り、裁判所から佐嘉神社、松原の交番あたりの文字通りホームグラウンドが担当エリアだったので、いろいろ解説もしながら歩きました。
途中でバルーンミュージアムに入り、8月の豪雨水害の時の被災状況を話していただき、未だに1階の入場改札機やバルーンシアター、エレベーターが動かずに困っていることなどもお聞きしました。


見た目には「病院がある」「大きい通りがあるから」と思っていた方にとっては「60センチ近く冠水した」などの話に「別の避難を考えないといけないね」などの声も出ていました。


また、神社の石の塀が崩れてきたら通路を塞いでしまうこと、新しいマンションと古い家屋が混在していて地震の時には危なそう…などの声も。
AAC6547B-506E-4B13-B2D8-AEB4D43C48EB.jpeg
CEB2B731-2A52-4804-AA04-D490448F8804.jpeg
DC5A4B07-6784-4992-8DC5-73E63886FCD1.jpeg

昨年はまち歩きの中で「春駒」でちゃんぽんを食べて、などの余裕がありましたが、今回はほぼコンビニで昼食を調達して…という班がほとんどで、県庁に戻って食事をしながらまち歩きのふり返りをしました。


午後は、再び瀧本先生の講義で、まち歩きを踏まえながら被害想定とハザードマップの意義、災害時の図上訓練が行われました。
佐賀市は地震の被害想定で震度6強から7の想定がなされていますから、そういう地震が起きた時には、まち歩きをしたエリアで何をすべきなのか、ということをグループワークで話し合うわけですが、「そもそも動けるのか」「簡単に集合できるのか」「高い建物だからといって安全なのか」「水害と地震は違うよね」「あの病院ももしかして壊れるかも」など、いろいろ想定して絶句してしまう場面もありました。


瀧本先生が強調されたのは、①耐震診断と耐震補強工事に200万円かかるとして高いと思うか→交通事故が万一起こった時のために、と自動車保険にかかるが、基本的に掛け捨ての自動車保険に30年、40年投じている保険料と、確実に震度7の被害想定が出ている地域で「昭和56年の新耐震基準」以前の家屋に住んでいて耐震対策を取らないのはどうなのか ②家屋全体は無理でも、せめて寝室の耐震シェルター化や天蓋付きベッドなど、数10万円でできる対策を取ることで、確実に倒壊家屋を減らし、助かる命を助けることができる ③家具の転倒防止や観音開きの戸棚の安全具、ガラスの飛散防止などは数千円でできること。→これをやるかどうか、やる気にさせるかどうかが地域防災リーダーの役割でもある、ということです。


これはもちろん、自分にも降りかかってくることです。反省することもたくさんあるな…と思いながらメモを取ったのですが、念のために昨年のメモを見たら、同じことを書いていました(笑)


つまり、やはり何度でも繰り返し学ぶことが重要だということです。
C5D54172-1559-45BB-B599-90293DA8DE87.jpeg
83B6F879-C731-4C78-9919-ED7A17296806.jpeg
8881909D-7832-43ED-8557-1C8229796FC0.jpeg
045D6380-469A-4130-9BA3-A7CC8B94CBB7.jpeg
BAD4893F-336C-4CDC-B129-EF6AEB8BDEBB.jpeg

講義の最後には、先日の8月豪雨のふり返りとともに、今近づいている台風19号への警戒の話がありました。今度の台風は中心気圧が915hPaと猛烈なものとなり最大風速71メートルとの予測がある上、秋雨前線の影響による豪雨も重なるので、この数日にできることを考えておくように、という「極めて重い宿題」を課されてしまいました。
7329B034-1410-493B-BFCC-C0BD04C1BB8B.jpeg
D9CE9521-E4A6-4B7E-9847-2230B3230C59.jpeg

昨年、私たちが受けた養成講座は土曜ごとに3回かけて、応急・救命手当の実践なども含めて深い中身があり、一緒に学んだグループの方達とは「受験同期」という親近感も持っています。
今年はカリキュラムの全体講座数は同じですが、10月6日と20日の2回だけで詰め込まれているので、救命訓練などの実地講習はなく、結構窮屈そうな感じがします。
C6243E5D-4BEC-4861-AEEB-DF64EFABC74A.jpeg

とはいえ、受講生の中にはいつも災害支援ボランティア活動で頑張っている友人や地域の自治会長の姿もあり、この間の豪雨災害を踏まえて参加が増えているのを感じました。
また、昨年は県議や他市の議員も受講されていましたが、今年は佐賀市の中村議員が受講されており、次回の防災士資格試験を受けられたら佐賀市議会では現在4人目の防災士となる見込みです。消防団員でなくとも、こうした資格を持つ議員が増えるのも大事なことと思います。


県防災士会としても、これまではどちらかというと役員中心に活動をされていたそうですが、先の災害ボランティアセンター立ち上げをきっかけとし、防災士会員に広く活動参加を呼びかけたい、とのこと。 今回の受講生のみなさんの今後のご健闘とご活躍を期待しつつ、新米防災士としても引き続き頑張ろう、と決意を固めあいました。


#佐賀県地域防災リーダー養成講座
#防災士資格試験
#佐賀県防災士会
#去年の受講生が今年は支援スタッフに
#地域自主防災組織の意義
#災害が起きない平時の時こそ大事

【地域の河川清掃@佐賀市「川を愛する週間」】

佐賀市は「川を愛する週間」として4月の春と9月から10月初旬にかけての秋の年2回、地域の河川やクリークと周辺を清掃する活動を全市的に展開しています。


ちょうど先週から今週の土日にかけての河川清掃が多かったようで、私の地元自治会は今朝が清掃日でした。
031EEA1E-20CA-49D0-B654-6B3C3BDF1CBB.jpeg

実際に胴長を着て川に入って清掃してくださる方と、すくい上げた藻やゴミを集積所に運んだり、川につながる側溝の清掃をしたり…と地域総出でやるのですが、なぜか今朝はいつものマンション前の駐車場の側溝の除草作業をしていても人の気配がなく「あれれ?日にちを間違ったかしら…」と不安になりました。


そのうち、同じマンションの班の方が出てみえたのですが、「いつものような人出がないよね。みなさんどこに行っちゃったのかな」と言いながら作業を続けました。


実は、私たちの近くの河川は今回はきれいだったので清掃なしで、北側の水路に集中しておられたということでした。とはいえ、私たちの受け持ちエリアでも結構除草の量がありまして、たっぷり1時間かけてスッキリしました。


この河川清掃も、地域の高齢化によって参加できる人が少なくなり、河川に入って作業できる人も限られてきていることから、市の支援を求める声があちこちで上がっています。


30年ほど前は失業対策事業や高齢者事業団の方たちが定期的にクリークや河川の清掃をしてくださっていたことがあり、市民運動的な取り組みだけでなく、地域のフォロー策と中高年の方の仕事起こしの両面からも、河川清掃のあり方を再検討する必要があるのではないかと思います。
D947233E-1EDF-45F2-8FEC-1BE202ECCB37.jpeg
22FC8172-2F00-497F-85B9-18BA25759EBA.jpeg

#川を愛する週間
#河川清掃