【漁協支所への説明は始めても承諾ではない@佐賀空港オスプレイ配備】

報道によると、防衛省は県有明海漁協の支所単位で、佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備計画についての説明を始めたようですが、説明を受けたのは県西部地域の支所と県有明海漁協徳永会長が会長を務めている広江漁協のみ。


地権者の多くが所属する南川副支所や早津江支所は説明を受ける計画はなく、大詫間支所も明言を避けている状況です。


説明を受けたところでも、「だからといって承諾ではない」としています。防衛省がいろいろ踏み込んだ予算付けをしようとも、ことは簡単には進まないというのが実情です。
C2767724-5090-41B9-9BE3-C9F4CEED3658.jpeg

#佐賀空港自衛隊オスプレイ配備
#オスプレイくるな
#佐賀の空にはバルーン