【父の再入院】

先週、室内で転倒した父が精神的なショックもあってか、その後食欲もあまりなく、「オレはもう自信がない」「オレ、なんか変なこと言ってない?」と言い出すようになりました。


「大丈夫だよ、ちゃんとしてるよ」と言いつつも、食欲のなさが気になるし、何より呼吸が浅くてキツそうなのが見ていても心配だったのですが、今日、デイサービスから佐大医学部病院の心臓血管外科に検査に連れて行ったところ、心房細動の不整脈による頻脈があまりにひどいので看護師さんが用心のために、と車椅子ではなくストレッチャーでの移動に切り替えてくださいました。


私としては、そんなに深刻なのかと改めて驚いた次第です。
9CB401CE-0798-4F6D-9539-6200663E5DBA.jpeg
2145C451-F56A-4715-A366-A313BFFD8352.jpeg

そもそもの検査目的だった血管大動脈瘤については、特に心配された肥大化はなかったものの、採血結果の腎機能や肝機能の低下の方を心配され、「うちでは高齢の方を長期に診るのは難しいので」とおっしゃるので「それなら神野診療所で」と連携をお願いしました。


幸い、神野診療所も受け入れ可能とのことだったので、そのまま連れて行き、10日目にして再入院となりました。


それにしても、佐大医学部病院での担当のドクターや看護師さん達の手際の良さと親切さには惚れ惚れしました。でも、入院するなら神野診療所のような規模のところがホッとできるし慣れているし、デイサービスに通う母も見舞いに連れて行きやすいとあって、父も診療所の待合室に着くと「ここまでくればもう安心」と言ってました。


かなりキツそうだったので、自宅で心配するよりは診療所で安静にしてみてもらう方がずっと安心です。というわけで、またもや母1人を残すことになったので、「トコロテン」方式に私が実家に通うことになります。
D9D785CB-8ACE-4F24-A5EA-0CBB2E20D8C8.jpeg
#家族の肖像
#いやはや介護日記
#父の再入院
#佐大医学部病院
#心臓血管外科
#心房細動
#佐賀県医療生協
#神野診療所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント