【住民のための議会へ〜早大マニフェスト研究所・中村氏迎え、議会改革について学ぶ@佐賀市議会】

年に2回行われる佐賀市議会の議員研修会が午後から開かれ、「議会改革度ランキング」で知られる早稲田大学マニフェスト研究所の中村健事務局長を迎えて「議会改革について」のテーマで学びました。
3A337126-109D-4178-9332-42BFABA6832C.jpeg

JR四国社員を経て、全国最年少で徳島県川島町長を2期務めた中村氏は、「平成の大合併」を機に政界を退き、早稲田大学マニフェスト研究所で地方自治のあり方について研究してこられました。


佐賀市議会は平成21年に議会基本条例を制定し、議会報告会の開催を始めさまざまな議会改革にとりくんでいるつもりですが、それでも固定観念にとらわれている部分があるのを感じています。


今回の研修会では、ともに有権者から直接選ばれる議会と市長の関係において、条例や予算の提案権と執行権を持つ市長の方がとかく力が大きいと思われがちですが、実は、「その提案も議会の議決なしでは執行もできない」という点で、議会の持つ強大な力を改めて認識し、それにふさわしい住民のための議会としてどうあるべきかが提起されました。
DED21A75-A493-42A7-B11D-DC536F3D4C7F.jpeg
B057B193-1811-49EF-B5E1-410EDE58625C.jpeg
CB3EF110-3258-4913-8296-C32A8B872731.jpeg
736E408E-0349-4E4E-9C9E-867305713A7E.jpeg

①急速な時代の変化を認識し、遅れを取らないようにする、②目標を明確にし実行する、③思い込まず柔軟に、④「聴く」姿勢、話しやすい雰囲気づくりを大切に、⑤実践(課題を解決し、未来を創り出す議会へ)というキーポイントは、議会だけでなくいろいろな分野に通用する視点だと思います。それらを話だけでなくボール投げゲームやグループワークなどを通じて体感しました。
6F143CF1-B478-415E-BA11-056D24068849.jpeg
2232C495-B1C5-4E6C-B49C-2DB798B15E19.jpeg
214FBD5C-FDA1-45C0-8C4F-046776B507BF.jpeg
6727894A-BD58-43F1-91C3-61696B2DCA34.jpeg
B9F1F5A7-8C87-49B0-B16C-82266C3A19A0.jpeg
D3F55D9A-C0F4-49E2-BD67-25CCC7A50611.jpeg
3E111E4C-4FF0-47EE-960A-FB933AF7C2C3.jpeg

「議会とはこういうところ」「議会には執行権はないから」「あの議員には言っても仕方ない」などの固定観念にとらわれていては、住民や地域が抱えるさまざまな課題を解決することはできません。「住民のための議会」へ、議員自身の資質向上とともに、議会まるごとのさらなる資質向上を目指して、私も頑張らなくては、と決意を新たにしました。
3659C630-5EA3-4713-8FFF-D492A13B418E.jpeg
AAC5A2C4-F89B-4739-AA68-F3D9E44C7C1F.jpeg
AC5D1DBC-369D-4F9E-A2DB-CA69AFCE480D.jpeg

#佐賀市議会
#議員研修会
#早稲田大マニフェスト研究所
#議会改革度ランキング
#中村健事務局長
#全国最年少の町長経験者
#徳島県川島町
#市民共同
#山下明子