【ひさびさに攻めの日本映画「新聞記者」】

先日観た「主戦場」に続いて、上映期間ギリギリに「新聞記者」を観ました。

東京新聞の望月衣塑子記者の「新聞記者」を原案にしたという事で、望月記者のことを描いているのかと思っていたら、まったく別のフィクションドラマでした。

しかも、真実を追い求めようとする女性新聞記者だけでなく、もう一方に政府の情報管理に関わる部署で働くエリート官僚という二本柱によって、この作品が重厚でサスペンス性を持つものとなっていると思いました。

この映画の中に出てくる内閣府の「内閣情報調査室」という部署が公安と連携して一般人さえ陥れて情報を捏造するとか、国会前でデモをしている人たちの顔写真から個人のプロフィールを探る、あるいは政権に不都合な情報はもみ消したり、その情報を発した人物にスキャンダルを捏造したり…、監視と不信が渦巻くさまは不気味でしかありません。


映画「スノーデン」でも戦争につながる国家機密に触れたスノーデンが恐ろしい監視のもとにさらされていく様子が描かれていましたが、日本も他人事ではない、という気がします。


そんな中で人間らしい倫理観と国民に奉仕する国家公務員という矜持を持つ人物が、家族と上司の命令の板挟みになりつつ、自分で決断していくところはまさに手に汗握るものがあり、外国映画では見られても、なかなか日本映画の中では描かれていなかった「攻め」の姿勢が伝わってきました。


ラストシーンは突然カットアウトなので、何が起きたのかが謎なのですが、そこは自分で作品んを反芻して考えていくしかないのかな、と思います。


それから、この作品は「息づかい」が熱く伝わります。新聞記者の吉岡エリカ、内調の杉原拓海が走ったり、緊張したりする時の呼吸の音、また杉原が出生後、帰宅したばかりのわが子を抱いた時の赤ちゃんの息づかいと声などがとても印象的です。


映画のパンフレットによると、わずか2週間で撮影された作品だそうですが、そんな短期間でこんなに濃密で精緻な作品ができるのか、というのにも驚いてしまいました。


参議院選挙が始まった今、私たちの政府は国民をどこに導こうとしているのか、主権者として私たちはこのままでいいのか、という事を考えずにいられない作品です。
45E72FCE-E45E-4910-B5AD-A98D29402586.jpeg

#新聞記者
#たたかう主権者
#内閣官房
#公務員の矜持
#ジャーナリストの矜持
#フィクションの背後にあるリアル
#政治を変えるのは私たち

【ボランティア保険の加入手続き】

九州南部の集中豪雨のニュースを見ながら、昨年の北部山間地の豪雨災害ボランティア、一昨年の西日本豪雨災害ボランティアのことを思い出しました。

またボランティア要請に応じる事もあるかもしれないな…と思っていたら、毎年のボランティア保険の更新をまだしていなかったことに気づき、今日はほほえみ館に行ったついでに社会福祉協議会で手続きをしてきました。


ボランティア保険は、ボランティア活動に参加するときにはぜひ加入しておいたほうがいいのですが、被災地に行ってからボランティア受付のところで加入手続きをすると手間も時間もかかるし、加入金がその被災地の持ち出しになる事もあるようです。


加入金は一番高くても710円ですから、地元の社協で加入手続きをしていれば、全国どこへも駆けつける事ができます。
私が初めて加入したのは東日本大震災の時に宮城に行った時でした。その後、熊本地震の救援ボランティア以来、毎年加入手続きをしています。

詳しくは、ぜひ、地元の社会福祉協議会にお問い合わせください。
CDB52357-0F25-4E3C-9D49-0058C966EC49.jpeg
9A71F96C-F0E4-409B-878F-8783E892DA74.jpeg
#大規模災害
#災害救援ボランティア
#社会福祉協議会
#前もって地元で加入しておこう

男女共同参画ネットワーク「結い」の運営委員会

谷口緑さんの服装史展のあと、少し遅れて佐賀市男女共同参画ネットワーク「結い」の運営委員会へ。

これまで「結い」が取り組んできた「ひとことメッセージ」が昨年度で一区切りということにしたため、今年度はこの14年間の取り組みをふりかえる意味での冊子づくりを行います。


今日はそのための補助金申請や冊子づくりの流れの確認などを行いました。

一言メッセージの最初の募集のチラシから、これまでの思い出の写真なども引っ張り出されて、ついつい懐かし昔話に引き込まれたり、その中に混じっていた草場会長による「つもり違い10か条」というユニークな書付で盛り上がったり、と、ちょっと脱線したり復元したりの打ち合わせとなりました。

来年2月初めの発行に向けて、これから頑張りますよ〜。
7A6B93C7-2D53-4BAC-A86D-1BC97BD2C3C4.jpeg
BCBE1C6C-7EF8-4289-838B-DF5F21505866.jpeg
#佐賀市男女共同参画ネットワーク結い
#一言メッセージ
#佐賀発パートナーデー
#今年はまとめの冊子づくりです

【谷口緑 戦後の服装史を紡ぐ 服飾展スタート@佐賀県立美術館】

戦後、佐賀県はもちろん国内の服飾界をリードして今も現役でご活躍の谷口緑さんの緑ドレスメーカー服装専門学校の創立75周年を記念した服飾展が、今日から佐賀県立美術館で始まりました。
6EF678F2-27FB-4346-B14D-BE43A41E7DD0.jpeg

私の母も戦後、県立図書館、清和高校の教師を経て緑ドレスメーカー学苑(当時)でお世話になっていた事から長いご縁をいただいています。
この服飾展も前から楽しみにしていたので、初日に伺いました。本当は母も連れていくつもりでしたが、初日は人出も多いでしょうから、少し落ち着いた頃を見計らって連れていく予定で、下見を兼ねた形でした。
B4AD0DA1-5FBB-4636-BCAB-8D3BBBC8EAD9.jpeg

展示会場は往年の先生方や生徒さん、牛津高校の生徒さん、その他多くの関係者の方で賑わっていました。
21EA76F8-414B-4B07-BA65-35DDD938FEB3.jpeg

緑先生は会場入り口に座っておられ、94歳というお年を感じさせない美しさで来場の方々の挨拶を受けておられましたので、私も緑先生とご長男の陽堂先生とのスリーショットをお願いしました。緑先生は「お母さん、お元気?連れていらしてね」と喜んでくださっていました。
CF096A89-E014-4B89-87A2-7A81C828F01F.jpeg
220FD923-9725-4B28-A7BE-18EB263E5BAE.jpeg

母もNDC(日本デザイナークラブ)の正会員として毎年春秋のファッションショーに作品を出品していたので、私もよく観に行っていた事もあり、会場に並んだ作品の中にはとても思い出深いものがいくつもありました。


緑先生の作品は、いつも繊細でドレッシーなものが多く、夢のような印象です。
2C880DB4-99CB-456C-97BC-36CA1F9295A8.jpeg
4246F7D2-CAAD-4674-A76E-2E6A19E01473.jpeg
47421FD8-2C6F-4B42-B180-F0F8F937FFE1.jpeg
5F352AD8-1F39-42B2-9326-28B4CD05DDD3.jpeg
986FB152-8274-44C3-B374-D73EE070D504.jpeg
1C498AB3-D3D5-48D8-9AD6-F11F191E7C96.jpeg
C70E4C39-F520-4C34-B113-2452E377F1B1.jpeg

まだ小学生になるやならずの頃は、緑さんのファッションショーの子ども服の部で子どもモデルとして歩いたりした事も楽しい思い出です。


会場ではかつて玉屋の服飾コーナーでご活躍だった江口善巳さん(元川副町長)ご夫妻や久留米絣の作家さんともご挨拶をかわす事ができました。
C8B0DE1E-CB00-436D-B60C-2E7CE71ED562.jpeg
E4F4943A-2703-4B2F-835E-19405E810F31.jpeg
ここに連れて行ったら、母もさぞや元気が湧くのではないかと思います。

服飾展は7月7日まで、佐賀県立美術館2号展示室で開催されています。(入場無料)
A554B233-83B2-4ECF-A1EC-C13D229D7C83.jpeg
#谷口緑
#緑ドレスメーカー服飾専門学校
#戦後の服装史を紡ぐ
#佐賀県立美術館