【グレンズフォールズ市およびウォーリン郡の教育交流訪問団歓迎会@佐賀市】

夜は佐賀市がバルーンをご縁に31年に渡って姉妹都市交流を続けているアメリカのニューヨーク州グレンズフォールズ市及びウォーリン郡からの教育交流訪問団の歓迎会に出席しました。


一年おきに佐賀とグレンズフォールズの中高生が行き来しているのですが、今年はおなじみの姉妹都市委員会の訪問団長であるミリー・コウさん以下、グレンズフォールズのハードリー・ルザーン中学・高校の生徒18名と引率の先生方5名を迎え、佐賀市の側は佐賀商業高校と昭栄中学校が受け入れ校となります。そのホストファミリーのみなさんもご一緒の交流会でした。
7E7E73BB-16D3-4286-8054-C778F54EA43B.jpeg
2B1FA013-CF62-4011-BDE0-CFA677C0518F.jpeg
44325B68-A238-422C-9561-DCAF104DCC93.jpeg
0FD14F9E-7B57-4A8B-B920-88D9F8ECD0EF.jpeg

30年にもなる交流の歴史は貴重なもので、関係者の挨拶の中で、中学生を代表してあいさつに立ったケイデン・ウィリアムスさんのお母さんが20数年前に佐賀への訪問団の一員だったそうで、その思い出や佐賀がどんなに素敵なところかを小さい頃からお母さんから聞いて育ったというケイデンさんは、「今、自分がここにいるのが不思議な気がします。今度は私が佐賀で学んだこと、過ごしたことを母に語って聞かせます」と述べておられたのがとても印象的でした。
EAD00F33-F81E-40A4-8E51-0E28DA1E2BF7.jpeg

私のテーブルには引率の先生方がおられ、ホストファミリーも商業高校の先生方、また以前受け入れをされた循誘小の先生、市国際交流協会の教育交流部会長と、私以外はみなさん教育関係者でした。
なので、教育に関する話題が多く、勉強になりました。
たとえば日本では「道徳」が教科化された事からアメリカではどうなっているのかという質問に対しては「アメリカでは月に1回程度、全校生徒に校長先生が優しさ・誠実さ・人への尊敬や敬意といったことの大切さを語るcharacter education(人格形成教育とでもいうのでしょうか)を行う」との事で、日本で週に1回、道徳の時間があってそれは成績評価の対象になる、という事についてはちょっと驚いておられました。


ハードリー・ルザーン校の訪問団のみなさんを送り出すにあたって、毎月バザーやクリスマスツリーのカードを売るなどをして学校や地域全体の協力を得ながら資金を調達して来られたのだそうで、佐賀に来るのをとても楽しみにしておられたのが伝わってきました。


歓迎会の中では佐賀の高校生による剣道の形の披露、中学生によるダンス、ハードリー・ルザーン校の中学生(親子2代参加のケイデンさん)のタップダンス、高校生のスクールソング、全員の合唱などのアトラクションもありました。今年の子どもたちは前回の子どもたちに比べてちょっと大人しい印象を受けましたが、1週間の滞在の後にはもっと打ち解けている事でしょうね。
06126132-1C4C-477E-B7DC-9D609054B86A.jpeg
D6D37145-192D-48F6-83F3-322D6BC8FA53.jpeg
15785033-DD5D-48A1-B7CD-FC93FE5D88E0.jpeg
85A73462-A715-4A34-B235-219302A1E5BB.jpeg
3B99B7F5-18E8-4F3B-814C-5A5B973D0DB9.jpeg


訪問団のみなさんにとって実り多い滞在となりますように。
69FC208F-A9C4-4816-89BC-058B735ADBFF.jpeg
#佐賀市
#佐賀市国際交流協会
#グレンズフォールズ市及びウォーリン郡
#姉妹都市交流
#教育交流訪問団
#ハードリールザーン中高生
#佐賀県立商業高校
#佐賀市立昭栄中学校
#国際交流で平和の絆

【犬塚ただしさんと子育てママ、パパのおしゃべり会@佐賀】

今日は午前中に鳥栖市議の牧瀬昭子さん(鳥栖のあっこちゃん)プロデュースによる「子育てママさんパパさん 犬塚ただしさんとおしゃべり会」が神野公民館で開かれ、15名というほどよい参加で和気あいあいの集いとなりました。

参加者の顔ぶれは平日にもかかわらず「せっかく直接話せるなら」と駆けつけた現役子育てママ、パパ、元子育て世代のオジさん、オバさんも。久しぶりに会えた仲間もいて、嬉しいひと時になりました。原口一博代議士も最初から最後まで参加してくださっていました。
FA7A9BC8-1192-4137-AA2D-CA3A10B37BDE.jpeg

最初に付箋が用意されていて、子どもたちをめぐることを中心に「かなしい実情」(ブルー)「とりあえずの現状」(グリーン)「こうなったらいいな」(クリーム)ということをそれぞれ書き込んで、自己紹介しながらトーク。


「学費が高い」「先生が子どもに向き合う余裕がない」「障がいを持つ子どもが理解されるようにしてほしい」「親の介護で子どもに向き合えない」「学校給食に自然農の地元産を使ってほしい」「自校式の学校給食にしてほしい」「視力や聴力の検査を3歳児健診までにやってほしい」「子どもの医療費、ひとり親家庭医療費の窓口負担をやめるように国の制度にしてほしい」「自治体独自の取り組みに対する国保ペナルティをやめてほしい」「夜間中学の設置を」「特別支援学校の環境整備に国の責任を果たしてほしい」「介護の現場で手取り16万円。妻と共働きでも子どもが生まれたら生活できるか不安。介護や保育の従事者の賃金を引き上げてほしい」「デマンドタクシーなど地域住民の公共交通を充実させてほしい」「原発のない社会に」「佐賀空港にオスプレイはいらない」などなど次々と付箋が貼られていきました。


そこに犬塚ただしさんが登場し、参加者からの「ここを変えてほしい」「こんなにしてほしい」という声に対し、海外で働いたり民主党政権下で外交担当をされてきた経歴を踏まえ、世界的な視野からみても「税金の使い道を変えること」「超富裕層に応分の負担を求め、誰もが安心して暮らせる社会に」という立場から、気さくに丁寧に語って下さいました。
2DD359B7-8116-43B1-A221-2F581340EC6C.jpeg

原口一博代議士と掛け合いトークにもなって、参加者同士が学びあい、交流もできるような、とても打ち解けた集いとなりました。
こういう素晴らしい方を国会に送り出して、庶民の暮らしの支えになる政治を実現する力になっていただきたい、と心底思いました。
D9AA47B5-F883-4910-8AFD-8F15193D630F.jpeg

ちなみに、私は白倉和子議員と付箋はりにいそしんだのですが、ホワイトボードのスペースを埋めたくなって、即席で犬塚さんのイラストを落書きしてしまいました。ご本人には気に入っていただきたようです。
17A27F90-4468-474F-9F29-1D036D84FEED.jpeg
FE1FB137-9FE4-4B94-951C-70E5E20BB67D.jpeg
E5C46804-74EF-4167-85E2-40E48DFFE9B4.jpeg

公示日を明日に控える中で、じっくり膝を交えて話を聞いていただけて、犬塚ただしさんにも原口一博さんにも感謝、そしてプロデュースしてくださった鳥栖のあっこちゃんにも感謝です。
DF7715FE-1B1C-495E-8BD9-176DF27B619E.jpeg

#犬塚直史
#犬塚ただし
#原口一博
#2019参議院選挙
#佐賀県選挙区
#住民こそ主人公
#たたかう主権者
#子どもを大切にする政治を
#政治を変えるのは私たち