【犬塚ただしさんと子育てママ、パパのおしゃべり会@佐賀】

今日は午前中に鳥栖市議の牧瀬昭子さん(鳥栖のあっこちゃん)プロデュースによる「子育てママさんパパさん 犬塚ただしさんとおしゃべり会」が神野公民館で開かれ、15名というほどよい参加で和気あいあいの集いとなりました。

参加者の顔ぶれは平日にもかかわらず「せっかく直接話せるなら」と駆けつけた現役子育てママ、パパ、元子育て世代のオジさん、オバさんも。久しぶりに会えた仲間もいて、嬉しいひと時になりました。原口一博代議士も最初から最後まで参加してくださっていました。
FA7A9BC8-1192-4137-AA2D-CA3A10B37BDE.jpeg

最初に付箋が用意されていて、子どもたちをめぐることを中心に「かなしい実情」(ブルー)「とりあえずの現状」(グリーン)「こうなったらいいな」(クリーム)ということをそれぞれ書き込んで、自己紹介しながらトーク。


「学費が高い」「先生が子どもに向き合う余裕がない」「障がいを持つ子どもが理解されるようにしてほしい」「親の介護で子どもに向き合えない」「学校給食に自然農の地元産を使ってほしい」「自校式の学校給食にしてほしい」「視力や聴力の検査を3歳児健診までにやってほしい」「子どもの医療費、ひとり親家庭医療費の窓口負担をやめるように国の制度にしてほしい」「自治体独自の取り組みに対する国保ペナルティをやめてほしい」「夜間中学の設置を」「特別支援学校の環境整備に国の責任を果たしてほしい」「介護の現場で手取り16万円。妻と共働きでも子どもが生まれたら生活できるか不安。介護や保育の従事者の賃金を引き上げてほしい」「デマンドタクシーなど地域住民の公共交通を充実させてほしい」「原発のない社会に」「佐賀空港にオスプレイはいらない」などなど次々と付箋が貼られていきました。


そこに犬塚ただしさんが登場し、参加者からの「ここを変えてほしい」「こんなにしてほしい」という声に対し、海外で働いたり民主党政権下で外交担当をされてきた経歴を踏まえ、世界的な視野からみても「税金の使い道を変えること」「超富裕層に応分の負担を求め、誰もが安心して暮らせる社会に」という立場から、気さくに丁寧に語って下さいました。
2DD359B7-8116-43B1-A221-2F581340EC6C.jpeg

原口一博代議士と掛け合いトークにもなって、参加者同士が学びあい、交流もできるような、とても打ち解けた集いとなりました。
こういう素晴らしい方を国会に送り出して、庶民の暮らしの支えになる政治を実現する力になっていただきたい、と心底思いました。
D9AA47B5-F883-4910-8AFD-8F15193D630F.jpeg

ちなみに、私は白倉和子議員と付箋はりにいそしんだのですが、ホワイトボードのスペースを埋めたくなって、即席で犬塚さんのイラストを落書きしてしまいました。ご本人には気に入っていただきたようです。
17A27F90-4468-474F-9F29-1D036D84FEED.jpeg
FE1FB137-9FE4-4B94-951C-70E5E20BB67D.jpeg
E5C46804-74EF-4167-85E2-40E48DFFE9B4.jpeg

公示日を明日に控える中で、じっくり膝を交えて話を聞いていただけて、犬塚ただしさんにも原口一博さんにも感謝、そしてプロデュースしてくださった鳥栖のあっこちゃんにも感謝です。
DF7715FE-1B1C-495E-8BD9-176DF27B619E.jpeg

#犬塚直史
#犬塚ただし
#原口一博
#2019参議院選挙
#佐賀県選挙区
#住民こそ主人公
#たたかう主権者
#子どもを大切にする政治を
#政治を変えるのは私たち

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント