【すべての都道府県に夜間中学の設置を!】

昨日は、議案勉強会のあと、控え室でいろいろ書類整理などをしていたところ、全国に夜間中学の設置を求める運動をなさっている元夜間中学教師・関本保孝さんからお電話をいただきました。


実は、今度の一般質問で夜間中学の設置について取り上げる一環で、ドキュメンタリー映画「こんばんはII」のDVDを観たいと思って申し込んでいたところ、わざわざそのツテをたどってご連絡いただいたのでした。


私は山田洋次監督の映画「学校」を観た時から夜間中学に関心を持っていたのですが、都市部の課題かな、と思ってもいました。
しかし、近年、不登校や引きこもりが増えている中での居場所のひとつとして、また外国籍の方たちが増えている中での日本語習得の場として、異年齢、国籍も超えて学び直しと交流の場としての夜間中学の役割に光が当てられています。


2年前の6月議会で、初めて佐賀市にも夜間中学を、と一般質問で提起した時に、東島教育長は夜間中学の果たす役割の重要性への認識も示しながら「県教委と協議する」と答弁していました。
画像


それから2年、最近になって某誌で関本さんの「全ての都道府県に夜間中学を」との論文にふれ、そういえばあの質問の後はどうなったのか、という後追いをする必要がある、ということで、6月議会で取り上げることにしました。


その論文を書かれた関本先生から直接ご連絡をいただいたのにも驚きましたが、まるで旧知の仲のようにいろいろとご助言もいただき、資料もメールと郵送でお送りいただけることになりました。


何が出会いのきっかけになるか、分からないものです。ひとつひとつの出会いを大切にしながら、佐賀市での夜間中学設置の実現をめざしたいものです。
画像

画像

#佐賀市議会
#市民共同
#山下明子
#夜間中学を全国に
#こんばんは2

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック