【図書館を友とする会の総会&市民と市立図書館職員との意見交換会】

午後からは予定していた「図書館を友とする会の総会&市民と市立図書館職員との意見交換会」に参加しました。

今回は、机の配置が四角ではなく6角形というか円陣に近い形だったのでみなさんの顔が見られてとても良かったと思います。
中央に飾られたお花も涼しげで心が和みました。
画像

総会後の意見交換会に先立って、今年は素話(すばなし)の会の只木さんによるエチオピアの民話の素話を聞かせていただきました。朗読とは違って、聞き手を見ながら語るのですが、12人の男たちが人数を数える時に自分を数え損なって「11人しかいない!ヒョウに喰われたに違いない」「英雄だ」「心優しいやつだった」などと嘆きながら村に帰り着くと…と、光景が目に浮かび、とても楽しませていただきました。
画像

毎年の意見交換会では、図書館を利用していて気づいたことなど、身近なことも含めて自由にものが言えます。

最初に図書館長から利用者数や貸出冊数などの報告がなされました。残念ながら利用数や貸出数が減少傾向にあることは変わっていませんでしたが、昨年から図書資料費を若干増額したこともあり、減り具合に歯止めがかかりつつある、との見通しが語られました。

また、ほとんどの司書職員が非正規であることについて、改善を求める声が昨年強く出されていたことに対し、会計年度任用職員を採用し、5年ごとの更新でも「1年、間隔をあける」必要がなく継続できることやボーナスや手当ても出せるようになることなど、検討中の内容が説明されました。とはいえ、非正規のままであることには変わらないのだなあ…とも感じました。
画像

参加者からの意見では、大活字本や紙芝居など図書資料の充実、催し企画のリクエスト、バリアフリー対応、傘立ての整備など、いろいろ出されました。
また、コピー機と著作権の問題でもやり取りがあり、「気軽に図書資料以外もコピーできないのか」との質問に図書館の複写機は複数枚コピーするためではないこと、さらには「友とする会」の園田代表からも今日配られた「図書館を友とする会」の総会資料の中に綴じてある新聞記事も、新聞社に使用許可申請して1枚2000円、2面で4000円分もかかっていることが報告され、一同ビックリ!いろいろ再認識することもありました。

こうした取り組みが重ねられ、より利用しやすい図書館として発展しますように、 私も一緒に微力を尽くしてまいります。
画像

#佐賀市
#佐賀市立図書館
#図書館を友とする会
#市民と図書館職員の意見交換会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック