【バイオマス産業都市調査特別委員会の傍聴@佐賀市議会】

このところ真夏のような暑さが続いていましたが、今日は久しぶりの雨模様で肌寒いお天気となりました。


そんな中で、13時半から議会のバイオマス産業都市調査特別委員会が開かれるというので、傍聴しました。傍聴議員は多分私だけだったようでしたが、執行部の出席が多く、ほとんど満席でした。
画像


今日は①気候改革に伴う組織改編、②下水処理センターや衛生センターにおけるバイオマス産業都市関連事業について、③清掃工場の二酸化炭素供給事業、④清掃センター周辺への植物工場の誘致について、⑤さがバイオマス協議会について、⑥オランダとの連携協定締結後の状況、⑦清掃工場の二酸化炭素分離回収設備について、の7項目が議題で、報告と質疑合わせて2時間半に渡ってのやり取りがなされました。
画像


バイオマスの受け入れ事業に関して、平成28年当初、味の素からの汚水の固形処理したもの(脱水ケーキ)を下水処理センターで受け入れることについて必要な施設の整備などで53,8億円見込まれていたのが、この間の事業見直しで、固形運搬ではなく汚水を液状で受け入れることにより、それまで必要とみていた施設の新たな設置が不要となること、下水処理本来の施設にしぼっての更新を段階的に進める事で21,5億円ですむということが報告されました。


本来の事業の範囲でダウンサイジングし、当初計画の39%の事業費ですむというのは、なかなかいい方向だと思います。
画像

画像

画像

画像

画像

画像


オランダとの連携協定の取り組みについても、オランダのバイオマスを生かした加工などの技術を佐賀の諸富家具とコラボレーションしていこうというもので、これも注目したいところです。

この他、興味深い報告がなされましたが、それは追い追いご報告することとします。

#佐賀市議会
#バイオマス産業都市
#特別委員会

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック