【メーデーの後のまちあるき】

メーデー集会のあと、ご近所の商店街に「幸せの黄色いニュース」を配りがてら、まちあるき。


656広場の隣りにあるマーケットでは、餃子店、喫茶店、食堂などがちゃんと開いていて、お昼前に開店された「にしむら」さんに一番乗りで入りました。
画像


ここはわらじのようなハンバーグが名物なのですが、外食の時はなるべくお魚を食べることにしているため、焼きサバ定食にしました。


「にしむら」の定食メニューはメインが①ハンバーグ、②豚のしょうが焼き、③煮魚、④焼き魚、⑤焼き飯に限定ですが、魚はその日によって違うのでお楽しみでもあります。これに小鉢と玉子入りのワカメのお味噌汁、コーヒーがついて630円!
画像


連休中にお店が開いているかどうか確認の電話も結構入って来て、初めて入るというお客もおられたりで、結構賑わっていました。


高校の写真部の指導をされているという先生と生徒さんが「令和元年の風景」をテーマにカメラ片手に歩き回っている中でふらりと立ち寄られた、とのことで、そのお客さんとなぜか意気投合。


初めてとのことだったので、ついお節介でにしむらの流儀とおすすめメニューを解説してしまいましたが、若者にはハンバーグ、先生は焼きサバということで、ご満足いただいたようです。


先に店を出てニュース配りをしていたら、くだんの先生と生徒さんが出てこられ「何かのご縁ですから」と私も「令和元年5月1日の光景」の1枚としてカメラに収めてくださいました。


郊外の大型店は大渋滞だったそうですが、中心街はほどほどの人出です。


お店の方たちからは、消費税のことや街路の舗装のことなどのご意見、ご要望も頂戴しました。
画像

画像

画像

#佐賀市
#中心商店街
#656広場
#中央マーケット
#にしむら食堂
#わらじのハンバーグ
#焼きサバ定食
#高校写真部
#令和元年5月1日の風景
#佐賀市議会議員
#市民共同
#山下明子
#幸せの黄色いニュース

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック