【4月のメーデー集会はMay DayじゃなくてA Dayじゃないかと…】

今日は連合メーデーの佐賀中央集会の会場で宮城県人会さがのブースを出させていただきましたので、朝から出店準備と最初の方の売り子手伝いをしました。
画像

画像


震災の被災地復興支援ということで、この数年、連合メーデーにブースを設けていただいており、仙台麩や鯨の大和煮の缶詰、仙台マコロンなどがお馴染みになっています。


今日も10時の開会前から「去年売り切れていたから、早く買いにきました」と缶詰を求めにきてくださった方もありました。
震災から8年経っても、こうして被災地に思いをはせる機会を作ってくださっていることに感謝の気持ちでいっぱいです。


今日は原発ゼロカフェと重なっていたので、10時過ぎには退散しましたが、代表の富田万里さんによると「程よく売れて程よく残った」そうです。お買い求めいただいたみなさま、ありがとうございました。
画像


連合メーデーは、日頃お世話になっている市役所の職員の方達の、ご家族連れなどの完全オフの姿が見受けられたりして、結構楽しいものがあります。どんどんどんの森広場いっぱいを使った「労働者の祭典」という明るい雰囲気は楽しいなあ、と思いますね。

ただ、5月1日というもともとのメーデーの日に集会を開いている全労連や全労協の方たちから見たら、また違う思いもあるかもしれません。


メーデーは5月1日だからMay Dayなのであって、4月最後の土曜日に開かれる集会の場合はApril Dayって事でA Day ではないかしら…と脳内で考えてしまいました。「えーで、えーで」…。
画像

画像

#メーデー
#どんどんどんの森広場
#宮城県人会さが
#東日本大震災復興支援

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック