【2期連続の無投票はちょっと…@多久市議選】

昨日の地元紙の1面と地域面で「多久市議選が2期連続で無投票か?」という記事が載っていて気になっています。先の3月議会で定数削減により16→15と減らされているにもかかわらず無投票というのは、どうしたものでしょうね。
画像


とくに現職では中島慶子さん(自)と服部なつみさん(共)の2名の女性議員がおられ、服部さんは30代の子育てママさんなので、普通なら候補者として垂涎の的なのに、なぜか今回、1期目にして不出馬とのこと。このままだと闘わずして女性も減るし、共産党はゼロになります。


もともと、多久には諸田稔さんという超ベテランの名物共産党議員がおられ、今でも「諸田さんはね…」と語り草になるほど地域に根付いておられた先輩さんがおられました。その後、興梠多津子さんが議席を引き継いで3期頑張っておられたのですが、前回、娘の服部なつみさんにバトンタッチされ、赤ちゃんが生まれて間もないママさん議員としても期待が寄せられていたはずなのですが。


本当は、前回無投票とはいえ、この4年間市民の税金で仕事をしてきた議員としては不出馬の理由をご自身の言葉で明らかにしていただいた方がいいと思うのです。または政党としての有権者への説明責任もあると思うのですが…。
画像


新聞記事の中で、現職のうち5名が高齢や家族の介護などの理由で引退表明されていたのを地元の要請で2名が思いとどまった、とあります。新人が2人も名乗りを上げておられますから、やはり棚ぼた的な議席獲得ではなく、選挙で政策をしっかり語っていただき、有権者に選択の機会を提供できるように、と思いますね。


これで無投票になれば、また定数を減らせ、ということになりかねず、そうなるとますます新しい方が手を挙げにくくなることにもつながります。市レベルでの無投票は、本当に避けてほしいなあ、とよその自治体ながら思ってしまいます。


県議選の佐賀市選挙区も無投票か、と言われていたのが、新人2名の立候補で激戦に変わりましたから、まだ告示日までわかりませんが。志ある人、出でよ!です。


#佐賀県
#多久市議会
#無投票にしないで
#女性議員が減る
#子育て世代の代表も減る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック