【御厨安守副市長の送別会】

今日は御厨安守副市長の送別会が開かれ、県議選告示の前日というなかなか微妙なタイミングではありましたが、秀島市長以下執行部の主だった幹部や関係者のみなさんとともに、議会からも23名が参加しました。



御厨副市長は昭和53年に入庁して以来、宮島市長のもとで下水道課で鍋島に医大が計画された地域での敷設計画に向けた取り組み、西村市長のもとで市政100周年記念にかけて始まった熱気球大会の取り組み、木下市長のもとで情報公開条例を制定したこと、秀島市長のもとでは合併に向けた1市3町1村の財政の統一など、象徴的な思い出を語られ、「みなさんのおかげで平成の終わりに仕事を結ぶ事ができた。これからは1市民として関わっていきたい」と挨拶。
私も、いろんな場面が思い浮かんで、懐かしく聞かせていただきました。
画像

画像



後は、各テーブルを回りながら集合写真を撮って、大交歓会となりました。私たちのテーブルは期せずして川崎委員長以下川崎委員長以下議会広報広聴委員会のメンバーがずらり。
画像


この送る会は、最初の「副市長の入場」から最後の「アーチでお見送り」まで、なんだか結婚式のような雰囲気でもありました。
画像


昼間はいろいろバタバタしておりまして、市役所での人事異動発表後のご挨拶などはできずにいましたが、この場でいろんな方と交流する事ができました。


御厨副市長、40年間、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。
画像

画像

#佐賀市
#御厨副市長
#送別会
#佐賀市議会
#大交歓会

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック