【2月議会、無事終了!@佐賀市議会】

2月26日から開かれていた定例佐賀市議会は、今日最終日を迎え、市長提案の議案をすべて可決・承認しました。

市民共同の私・山下明子は、一般会計予算と国保、後期高齢者医療の特別会計予算、消費税率改定に伴う各種使用料等改定の条例に対する反対討論を行い、採決の結果、これらの議案は市民共同と共産党以外の賛成多数となり、そのほかは全会一致でした。


また、任期満了で退任する御厨副市長と先に辞任した畑瀬前副市長の後任として、伊東博己氏(現交通局長)と白井誠氏(現県職員)や公平委員会委員、人権擁護委員会委員の選任についても全会一致で同意しました。


社会市民クラブ提出の2件の意見書案「辺野古の新基地建設中止を求める意見書」「統計不正問題の真相解明と信頼回復を求める意見書」については、いずれも松永憲明議員が趣旨説明を行い、「辺野古の新基地建設中止を求める意見書」に対し私が賛成討論をしました。
採決の結果、辺野古問題の意見書は社民、共産、さが未来、市民共同の6名のみの賛成、統計不正問題の意見書は、これに国民民主、政研会5名が加わって11名と、いずれも賛成少数で不採択となりました。



本会議は11時40分に閉会しましたが、その後、森林林業活性化促進議員連盟、代表者会議、政務活動費担当者会議…と続き、気がついたらお昼を回っておりました。



#佐賀市議会
#2月定例会
#最終日
#市民共同
#山下明子
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック