【春分の日、女性3名のリーフを前に】

今日は春分の日。


先日からの雨の予報が早くもやんでくれて、朝から暖かい陽射しがふりそそいでいました。むしろ午後になってから暑いくらいです。


さて、いよいよ29日告示が迫った佐賀県議選。年明けごろは「県庁所在地で無投票か」とやきもきしていましたが、女性2名の新人の方の出馬表明があって以来、ようやく「選挙の季節」らしい雰囲気が佐賀市内にも漂っています。


2月に開かれた佐賀市男女共同参画室の取り組みで、佐賀市議女性3名によるセミナーが開かれた時に「政策決定の場にもっと女性を」という思いがみなぎっていて、「なんならこの中から県議選に手をあげる方いませんか」という言葉も飛び出していたほどでした。


まるでそれを反映したかのように、女性が2人、手を挙げられたのは歓迎すべきことです。


まずは、ちゃんと選挙が行われるということ。オスプレイや原発、新幹線問題など、こんなに国政課題と関連する大きな課題を抱えた佐賀県で、しかもオスプレイ問題では地元となる佐賀市で無投票なんてありえない!という思いでしたから、選挙になるのは大歓迎です。



第2に、県議会で女性が1人、というのも時代遅れだということです。「増やす」ためには、手をあげる人が増えなくてはなりません。そういう意味でも、ともかく佐賀市選挙区で3名の手が上がっているのは大歓迎です。



第3に、これは男女問わずのことですが、今の圧倒的に自民党が占める県議会に新風を吹き込む必要があるということです。オスプレイでも、原発でも、「おかしい」「ちょっと待った」という議員が少なすぎます。これを少しでも変えていくには、今まで頑張ってこられた方だけでなく、さらにその流れを太くする必要があります。そういう方が1人でも増えることに期待しています。

画像


さて、今日は私の手元に3名の女性の挑戦者のリーフが並びました。みなさん、いい顔なさっています。


ベテランの武藤あけみさんには、しっかり議席を確保してもらわなくてはなりません(そうでないと「増える」になりませんから)。
☆むとうさんのFacebook → https://www.facebook.com/akemi.mutou/


新人の中島ゆみ子さんは、市議会での傍聴など熱心な姿を垣間見てきましたが、経歴をみて、その努力家ぶりにびっくりです。こういう草の根の感覚の方がぜひ、議会にいてほしい、と、心から期待します。
☆中島さんのブログ → https://blog.goo.ne.jp/nakashimayumiko


同じく新人のいちのせ裕子さんは、押し出し抜群という感じで、頑張っておられるようです。ご近所なので、出会う機会も多くなると思いますが、文字通りの「県民派」を貫いてくださることを願っています。
☆いちのせさんのFacebook→ https://www.facebook.com/yuko.ichinose.54

定数11に、女性が3名いても不思議ではありません。変えるというなら、ここから変えていいんじゃないかと思います。


女性トリオのご健闘をお祈りしております。


#佐賀県画像
#県議会議員選挙
#佐賀市選挙区
#政策決定の場にもっと女性を
#ベテランも新人も頑張れ
#住民こそ主人公
#草の根の思い
#むとう明美
#中島ゆみ子
#いちのせ裕子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック