2月のみないろ会ミーティング@シエマ

2月22日の夜は「みないろ会」のサポーターミーティン画像グでした。


この日、バリアフリー映画づくりへの募金の最終金額が100万円の目標に対して1,270,660円となったことが報告され、大歯事務局長デザインによるお礼と「ひいくんのあるく町」の試演会のご案内を書いたハガキの差し出し準備も行われました。


みないろ会プレゼンツのバリアフリー映画の試演会は3月31日ですが、それに向けた制作のスケジュールや4月以降のみないろ会の取り組みの提案もなされ、けっこうタイトでボリュームのある取り組みとなりそうなことから「今は勢いでやっているけれど、今後も長続きするような組織とするためにどうするかの検討が必要」との発起人からの提起がありました。
画像

画像


ミーティングが終わって、8時過ぎから「ひいくんの画像あるく町」への音声ガイドの試し読みを花、月、宙の各組の担当が分担して行い、みんなで画面と合わせて、あるいは画面を見ずにわかるかどうかのチェックを行いました。


私も宙組の担当として音声ガイドの台本を読みましたが、どこまで表現すべきか、何が足りないのかなど、熱心なやり取りで、何と10時を回るまでみんなで粘りました。


ここで出された意見をもとに、各組の台本作成担当さんが整理したものを3月1日のサポーターミーティングで確認し、確定した台本をひとりの読み手で統一して録音することとなり、なんとその読み手を私めが仰せつかりました。


いや、びっくりポン!光栄の行ったり来たり…。


ということで、議会の一般質問が5日なので、それが終わって落ち着いたら、音声編集担当さんと私とでどこぞのスタジオにこもって録音作業をすることになりました。


#みないろ会
#みんなでいろいろな映画を見たいからバリアフリー映画をつくる会
#シアターシエマ
#ひいくんのあるく町


画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック