【ミッション3;「みないろ会」の宙組作業】

昨日の第3のミッション。夜は、みないろ会(みんなで画像いろいろな映画を観たいからバリアフリー映画を作ろう会)のバリアフリー映画づくりに向けて、グループごとの作業に入っているのですが、わが宙組の音声ガイド用の台本づくりの打ち合わせを行いました。


昨日は大歯組長以下8名の宙組生(ああ、恍惚の呼び名です)がシアターシエマのカフェスペースに集まって、演習作品「ひいくんのあるく町」の宙組担当分(ラストまでの3分の1)を観ながら、台本づくり担当のYさん、Kさん、Tさんがそれぞれ考えてこられた音声ガイド台本を読んでもらい、場面の状況が伝わるか、登場人物のセリフやナレーションとかぶらないかなどのチェックをしました。


画面が180度転換する「エクソシスト型」(笑)のDVDプレーヤーを囲んで「あんな場面があるので表現に入れたら」「セリフとかぶるの画像でココは思い切ってカット」などと言い合うのですが、一番のモニターはみないろ会の会長でもある視覚障がい当事者の森さんのアドバイスです。


「その表現は必要ない」「もっとこういう事が伝わるとわかりやすい」「うん、うん…」とお三方の読み上げに忌憚のない意見を出してもらうことで、私たちも表現上の新たな認識を深めることができました。


今回は、お三方が充分に準備をして臨んでくださったおかげで、予想以上に作業がはかどりました。次回もみんなで寄った方がいい、ということになり、宙組作業は2月7日18時からシエマで行うことになりました。


花組さん、月組さんの作業もうまくいきますように。


#みないろ会
#みんなでいろいろな映画が観たいからバリアフリー映画を作ろう会
#ひいくんのあるく町
#音声ガイド台本づくり
#宙組
#シアターシエマ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック