鉄道ファンの聖地 大宮鉄道博物館

柏市の視察のあと昼食を済ませて電車で大宮に移動。「画像大宮に行ったら鉄道博物館が必見」との話を耳にしたので、ホテルにチェックインして一休みしたあと、大宮駅からモノレールのようなニューシャトルという電車でひと駅の大宮鉄道博物館に足を運びました。


駅から歩いて行くとそのまま鉄道博物館に吸い込まれて行くような仕掛けで、想像以上に大きな施設でした。
敷地内には人が引いていたという馬車のようなものから新橋~横浜間を走った最初の列車、寝台特急列車、お召し列車、新幹線まで実際の車両も室内展示されていて、中に入ってみることもできます。


またシュミレーターもあって、鉄道ファンには垂涎の聖地ではないかと思いました。


食堂車を模したカフェやジオラマのアトラクション、鉄道の安全を守る実際の仕事の展示、未来の鉄道社会を創造するコーナーもあり、来館者カードを使って登録すると自分専用のアバターを作成して映像展示の中に自分のアバターが登場するという仕掛けもありました。


鉄道の歴史年表も詳しくて、じっくり見ていたら1日かかりそうなボリュームだったのですが、平日にもかかわらず親子連れの姿や年配の方、見るからに常連さんといった方たちが思い思いに楽しんでおられたのが印象的でした。


#大宮鉄道博物館
#鉄道ファンの聖地
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック