佐賀市女性の活躍推進セミナーで3議員と意見交換

佐賀市人権同和・男女共同参画課の主催による「佐賀市女性の画像活躍推進セミナー」がほほえみ館で開かれ、「女性議員にきいてみよう!仕事のこと、生活のこと」というテーマで佐賀市議会の3名の議員(白倉和子さん・富永あけみさん・山下明子)がゲストスピーカーとして参加しました。


政策決定の場に女性が増えない現状をどう考えるか、議員という職業についてハードルを高く考えられている事についてざっくばらんに語ってもらいたい、という問題提起から企画されたもので、こうした取り組みがなかなか行われてこなかったので貴重な機会として3議員も積極的に受け止めて臨みました。


始まるまでの担当課のご苦労も大変だったと思いますが、議員の側も色々と自分を振り返る機会になり、各自のプロフィールや議員になったきっかけ、苦労ややりがい、仕事とプライベートの両立について、など縦横に語らせていただきました。


参加者のみなさんからは「女性議員がもっと増え画像てほしい。PTAなどのつながりが子どもの卒業で断ち切られてしまうので、地域との結びつきを大切にしてその中から手をあげる人が出てくればと思う」「家庭や職場での女性の地位向上のための意識的な取り組みや支える制度が必要」といったご意見、市外から男性の参加者もあって「男性議員もぜひ一緒に参加できるような場も作ってほしい」というご意見も出されました。


佐賀市議会で35名中女性が3名というのは少ないし、県議会では1名、県内では女性議員ゼロの町もあります。女性の首長も佐賀県ではゼロ。当面する県議会の選挙で、せめて3名、4名と女性の立候補ができるようになれば…との思いも語られ、「今日の参加者の中から議員になりたいと思う方が出たら」と会場アンケートにもそういう項目が設けられていました。


議員同士も普段からあまり聴けなかった話も聴けたし、女性同士でこれからも励ましあっていきたいと思いました。

#男女共同参画画像
#佐賀市女性の活躍推進セミナー
#佐賀市議会の女性3議員が語る
#今度は男性も交えていこう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック