県立大和特別支援学校の分校計画、県教委が見直しへ

一昨日の南川副公民館で行われた県立大和特別支援学校画像の分校問題の説明会をうけて、県教委が計画見直しの方向を示したとの報道。


たしかに、説明会の後半の質疑応答の中で「もう一度考え直してほしい」という強い意見に対し「出されたご意見を踏まえて、あらためて市教委とも相談したい」と答えておられましたが、本当に再検討をしてくれるというなら、いい話だと思います。


「支援学校の子どもたちを邪魔者扱いされているような気がする」という印象を持たれている方もあるようですし、そういうことではなく、支援学校の子どもたちの最善の利益につながるように、しっかりと検討していただきたいと思います。

それにしても、「地元の理解を得ることが前提」という県教委が「地元の理解を得られていない」と判断して計画見直しをしようというのは、一応聞く耳をもっているという姿勢のようです。この姿勢が佐賀空港への自衛隊・オスプレイ配備の場合にも県が示してくれたらいいのに、と思わずにいられません。


#佐賀県立大和特別支援学校
#分校設置
#南川副小学校
#川副中学校
#子どもの最善の利益を
#住民こそ主人公

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック