【THE. CHILDREN@北九州芸術劇場】

少し前に佐賀新聞としんぶん赤旗で女優の高畑淳子さ画像んのインタビュー記事が前後して載っているのをみたのですが、その中で福島原発事故をモチーフにしたイギリス作家のお芝居のことが紹介されていました。


高畑淳子さん、鶴見辰吾さん、若村麻由美さんの3人芝居で【THE. CHILDREN】という作品で、舞台をイギリスのある場所(原発からすぐ近く)にして、原発に関わる科学者・技術者の3人が大地震と津波で原発事故が起きた後、避難しつつもやがては若い作業従事者に代わって自分たちが廃炉・収拾作業をするために戻る決意をするまでの人間模様が描かれた作品とのことでした。


ぜひ観たいと思って上演場所を調べたら一番近いところで北九州ということだったので、快速電車で西小倉の北九州芸術劇場中ホールまで足を伸ばしてきました。


700人収容のホールでの3人芝居。


セリフがまるでアドリブの連続であるかのようにリアリティに満ちていて、息苦しいような、なんとも言えない作品でした。(これでも褒めているつもりです)
ラストの場面で3人がそれぞれの動きをしながら幕が降りるのですが、鶴見辰吾さんが室内の水をかき出す傍で、高畑さんがヨガを始め若村さんがそれに倣うというシチュエーションで、上着を脱いでヨガポーズを決める高畑さんの引き締まった身体の線の美しさに目が釘付けになってしまったことを付け加えておきます。



ぜひ、佐賀でも市民劇場などで取り上げてもらえたらいいと思います。


#THECHILDREN
#北九州芸術劇場
#イギリス芝居
#モチーフは福島原発事故
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック