【総務委員会で全会一致で決算不認定!@佐賀市議会9月定例会】

今日は議会は本来休会でしたが、昨日の続きで朝から総務委員会が開かれ、昨日提出を求めて出さ画像れてきた設計図面が通常の形と違うなど、異例づくしの状態で起案→方針決定→入札→発注→工事という流れが行われてきたことが明らかになりました。


休憩後、午後4時から再開された委員会において採決前に各委員の意見表明がなされ、全委員から「認定に反対」の意見が出されました。その後の採決の結果、一般会計決算議案の認定については【賛成者なし】で不認定となりました。


佐賀市議会において、決算の不認定ということは私が議会に入って約28年の中では初めてのことです。が、今回の審査の流れの中では認定になるとは思えないものでした。


今後、他の3常任委員会では決算議案が認定されているので本会議での扱いがどうなるかということになります。



決算審査の時は、認定されたあとにさまざまな付帯決議を画像つけて、執行部の回答を求めるという流れが佐賀市議会では行われていますが、不認定になったら「付帯決議」がなくなります。そこで、付帯決議に代わる「審査の過程で出された議会全体の意見」という形で市長に提出し、これまで通り回答を求めることができるかどうか、ということを明日の議会運営委員会でも議論がなされることになると思います。


総務委員会で全会一致で不認定となったということは、一般会計決算議案については本会議でも不認定になる可能性が濃厚です。


私は市民共同として、従来通り一般会計決算、国保特別会計決算、後期高齢者医療特別会計決算について認定に反対することにしています。


#佐賀市議会
#総務委員会
#決算不認定
#市民共同
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック