【佐賀市の放射線モニタリングポスト、常時稼働に 6月議会での提案実る~富士、大和、諸富支所で22日か

佐賀市が県から借り受けて富士、大和、諸富支所に配備されている可搬式の放射線モニタリングポストが22日から市民に見える場所で常時稼働させることになりました。


これまでは倉庫等に保管され、毎月1日に試験作動させ、その画像結果は市のホームページでも公開されてきましたが、日常的に計測していなければ異常値がわからないし、電源を入れてから計測開始までに15分程度時間がかかるということもあり、「市民の目に見える所で常時計測してほしい」との市民の声をもとに6月議会の一般質問で「いざという時に市民の命を守るためにも平時から支所ロビーなどに置いて常時計測を」と求めていたことが実ったものです。


このほど3支所のロビーにモニタリングポストが設置され、22日から計測が開始されます。


福島原発事故では原発から50キロ離れた飯舘村でも全村避難となった教訓に照らし、今後は玄海原発から51キロ程の距離にあり災害対策本部を設置することになる市役所本庁舎にも計測地点を設ける必要があると思います。

#佐賀市役所支所
#放射線モニタリングポスト
#月一回の試験稼動から常時稼働へ
#原発事故から命を守る
#さよなら原発
#市民共同
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック