【佐賀市が西友跡地を佐賀駅南一体に開発方針~全員協議会】

本会議閉会後に開かれた全員協議会で、冒頭に市長から富士小学校跡地問題で決算が全会一致で不認定になったことについて関係者8名による謝罪がなされました。


市長は「根が深い問題なので、根本的に解明したのちに再発防止策を検討し、議会にも報告していく。そののちに関係者の厳しい処分をしていく」と述べました。


その後、まずは国民スポーツ大会にともなう県立のアリーナ整備構想について県の担当者からの説明がなされ、質疑の中で私も文化会館との相互乗り入れで多いなイベントの時の駐車場となっている部分にアリーナが建つことによって、駐車場が分散化されると、国道からわかりにくく渋滞するのではないかということと高齢者の方や障がいを持つ方にとっては駐車場が遠くなるのではないか、と尋ねました。



それに対しては、「高齢や障害をお持ちの方はなるべく利用施設に近いところを使ってもらえるよう工夫したい、国道からもわかりやすいような駐車場の空き状況などを示す掲示などを考えていきたい」とのことでした。
画像


次に佐賀駅周辺整備構想についての現時点での報告がなされました。

市は西友跡地の取り扱いについて「土地の取得を目指して地権者と協議してきたが、現時点ではほぼ全員が賃借を希望されており、現在スーパーの誘致で開発を検討している民間(大和ハウス工業)と連携して、駅南広場と西友東側の駐車場と一体的な空間となるよう整備したい」との方針を示しました。
画像


旧西友駐車場についてはJA佐賀市中央と協議し、第1段階として来年度以降3年程度、市が土地を借りて駐車場として暫定利用している間に南北の駅前広場を整備し、第2段階として駐車場の北側3分の1の土地を市が取得し、地権者として開発業者を公募して複合施設の建設をめざすこととし、残りの3分の2はこれまで通り駐車場として整備する、としています。
画像

画像


民間会社とは情報交換を進め、段階的整備構想に理解と協力を求めつつ、駅前との連続性を持った魅力的なテナント構成の実現に向けて市も協力していく姿勢を示しました。



これは私が一般質問で提起したこととも通じるものでもあり、買い物難民解消と佐賀市の魅力を発揮できる街の顔づくりが進むことを期待したいと思います。
画像

画像



#佐賀市議会
#全員協議会

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック