今日から6月、いよいよ議会シーズンです

今日から6月、いよいよ議会シーズンです。


今日は朝から議会改革検討会、午後は佐賀中部広域連合議会の臨時議会でした。


議会改革検討会では、議会運営委員会から諮問された画像「専門的知見の活用について」という項目について協議しました。


このことは議会基本条例に位置付けられたもので、議会のチェック力を増すことやレベルアップのためにも大いに必要なこととなっていますが、佐賀市議会ではまだ積極的な活用がなされていないのが実情です。


たとえば佐賀市で取り組んでいる藻類培養を中心としたバイオマス産業都市の問題でも、専門的な知識がないと十分なチェックができないとか、執行部提出の議案審議の時にも突っ込んだ議論が必要なのにそこまで手が伸ばせないなどの場合に、大学や現場の専門的な人の知見を生かしていくことができれば、というのが率直な問題意識です。


しかし、その場合の相談のありようや講師謝礼の取り扱い、また議案審議のさなかに対応してほしいというような時に可能なのか、など具体的な運用上の問題がネックになってあまり進んでいません。


ですから、今後、どう取り扱っていくのかを検討していくことになるのですが、全国の議会で、「専門的知見を生かす」という取組みをされているところがありましたら、ぜひ、運用の仕方を参考にさせていただきたいものです。


佐賀中部広域連合議会は、先に行画像われた小城、神埼、吉野ヶ里の選挙を経て新たに広域連合の副連合長や議員になられた方達の人事に関する構成が主な議題となっていました。


そして、今回、たぶん広域連合議会としては初めての女性副議長が誕生しました。これまで議運副委員長を務めてこられた多久市の中島慶子議員です。また佐賀市の白倉和子さんと私の3人に加え、神埼市議選を経て原口ひさよ議員も広域連合議会に入って来られたので、20名中女性が4名という、ちょっと嬉しいことになりました。


議案そのものはすべて全会一致で可決され、終了後に議会広報委員会を開きました。2月議会後の広報づくりは実質、佐賀市選出の野中康弘議員と私の2人で進めてきましたが、ここに小城市の松並陽一議員と神埼の原口議員が加わって、改めて4人揃ってのスタートを切ることができました。


これから介護保険、広域消防の問題でさらに頑張っていく決意です。

#佐賀市議会
#議会改革検討会
#佐賀中部広域連合議会
#住民こそ主人公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック