岡山のモンゴル家庭料理のお店【青い空 アイル】

ホテルを出て1時間ほど町歩きをして、結局画像食事をするところが見つからないまま戻ろうとしていたところに、ふと目に留まったのがモンゴル家庭料理居酒屋というお店です。


もちろん私はお酒が飲めないので、1人で居酒屋に入ることはないのですが外に出してあったメニューが珍しく、店内の雰囲気もレストラン風だったので思い切って入ってみました。


店内にはモンゴルグッズが所狭しと飾られていて、女性だけのグループも含めお客さんの女性率が高いのでひと安心。ひとり客はお店の手前のカウンター席に案内されました。


応対してくださった店主の方がとてもハキハキとしたいい声で、モンゴルに関心があるのか、羊料理が好きなのかといった質問をされたので、椎名誠さんの映画「白い馬」やエッセイ集、絵本「スーホの白い馬」などを通じてなんとなく引かれるものがあるということでお酒も飲めないけれどモンゴル料理を食べてみたくて‥‥と伝えました。



オススメ料理を聞くと、チャンスマハーという羊の茹で肉をすすめられたので、それと蜂の巣サラダという羊の胃袋を使ったというサラダとご飯を注文してみました。


蜂の巣サラダは茹でたセンマイのようなコリコリした羊の胃袋と人参、ピーマンとを炒めたもので、家庭での野菜炒めのようなあっさりした美味しさでした。


チャンスマハーは、柔らかく茹でた羊肉を岩塩かピリ辛のソースにつけていただくというもので、ハーフサイズを注文してちょうどよかった感じです。これと白ご飯の組み合わせが完全に自宅ご飯のようでした。
あと一品、デザートがわりに何か、と思ってモンゴルアイスかモンゴルチーズ揚げか、と迷った挙句、そう大きいものではないと聞いて蜂蜜入りのチーズパイのようなものというモンゴルチーズ揚げを頼んでみました。

これはほんのり甘いホットチーズパイという感じでとても優しい味のデザートでした。


店主の方にアイルというお店の名前の由来をきくとモンゴル語で家族の意味だそうです。
もともとウランバートルで日本語学校の教師をされていて、すっかりモンゴルファンになり、帰国してからも東京でモンゴルフェアなどの企画に関わったりしているうちに、モンゴル人の今の奥さんと知り合われたそうです。


その後、もともと東京にあった「青空」というモンゴル料理のお店の暖簾分けをした形で郷里の岡山でお店を開かれたのだそうです。お料理は奥さんの弟さんがされているとのことで、本格的なモンゴル料理が楽しめます。



また岡山に来る事があったら、ぜひふたたびいってみたいお店です。

#岡山のモンゴル家庭料理のお店
#青空アイル
#チャンスマハー
#蜂の巣サラダ
#モンゴルチーズ揚げ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック