【2月定例議会おわる 国保税4・21%引き上げ条例、956億円の当初予算など可決!】

 2月定例市議会は先に議決した補正予算や機構改革案件以外の適応指導教室移転整備事業、大規模施設園芸モデル拠点整備事業、藻類産業拠点地整備事業、勧興・中川副など公民館施設整備事業、富士しゃくなげ湖ボート・カヌー競技施設整備、小中学校エアコン整備事業、介護予防通所型サービス事業、空き家対策事業をふくむ956億円の一般会計など予算議案、国保税の1世帯4・21%引き上げを含む改定条例、工事請負契約など議案・報告含め27議案を可決しました。また任期満了に伴う公平委員、農業委員、人権擁護委員を選任しました。


さらに議会提案でバイオマス産業都市調査特別委員会設置、議会基本条例の一部改正、機構改革に伴う委員会の分担変更の議案を全会一致で可決しました。


また、陸上自衛隊ヘリ墜落事故に関する意見書案が全会一致で採択、玄海原発再稼働に反対する決議案は賛成少数で不採択となりました。


市民共同の山下明子は一般会計、国保特別会計、後期高齢者医療特別会計、国保税引き上げ条例の4件に反対し、討論を行いました。私の討論理由や主な議案に対する各派の態度、バイオマス産業都市調査特別委員会一覧は別表の通りです。

画像


画像


画像


#佐賀市議会
#市民共同
#山下明子
#たたかう主権者

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック