佐賀中部広域連合議会の介護広域委員会審査

今日は午前中に佐賀中部広域連合議会の消防委員会、午後から消防と介護の合同審査を経て、その後、介護広域委員会の議案審査に臨みました。



主な論点はやはり第7期介護保険事業計画における介護保険料の改定であり、あとは地域包括支援システムをさらに進めるというものの、介護施設の待機者が1160名に上る中で、3割が在宅で2割が病院で入所を待っておられ、療養病床の廃止、地域に受け皿をと言っても不十分な状況などを指摘し、介護保険料13%引き上げの条例とその引き上げを反映した介護保険特別会計予算に対して反対しました。

最終日の19日に反対討論に立つ予定です。
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック