栃木県小山市議会の視察受け入れ

今日は栃木県小山市議会の正副議長と議会運営委員会の画像みなさんが、議会のICT推進と議会報告会について視察研修においでになりました。


ICT推進については事務局の担当の方から説明しますが、議会基本条例や議会報告会については、議員自ら説明するということにしておりますので、議会報告会を所管する広報広聴委員会として川崎直幸委員長と2人で出席し、議会基本条例や議会報告会の実施に最初から関わり続けてきたこともあり、説明は私が担当しました。


全体の時間が1時間半程度と限られてはいましたが、ICTについても議会報告会についても熱心なご質問をいただきました。特に、議会報告会だけでなく意見交換会の位置づけや取り組みへの関心が高かったようです。


また、年々、議会報告会への画像参加者数が伸び悩んでいることも共通の課題でもあるので、その点でのホンネのやりとりにも繋がったかな、と思います。


ICTの方でも、小山市議会では来年度の導入を図られる予定とのことですが、議員間のネットスキルの温度差や議会事務局の事務量増大についてのやり取りもありました。その中で副局長のHさんが「わが佐賀市議会は、議員と事務局の距離が日本一近いと自負しておりまして…」と自慢してくださるのを嬉しく聞いておりました。


視察受け入れは大いに刺激になりますし、こうした場を学びの機会とも捉え、佐賀市議会のブラッシュアップにもつなげていきたいと思います。
画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック