さよなら原発金曜アクションでまたもや「消えた街灯」発見

毎週金曜日恒例の「さよなら原発佐賀連絡会」の金曜アクションでのこと。


冬場に入って暗くなるのが早いので、10月以降は光り物を持つようにしているのですが、それにしても暗すぎる、と思ってよく考えるとシンボルロードから続くこの楠の栄橋は歩道の手すりに仕掛けられた照明で明るく照らされるのですが、今日は真っ暗なのです。


ほかの照明を見ると、県庁の真正面の道路の歩道の街灯はきちんとついていました。さては、佐賀駅北口の街路灯のようなことになっているのではないでしょうか。


橋の上がこう真っ暗では、自転車や歩行者にとっても危険です。
画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック