自民が小選挙区で全敗した「保守王国」佐賀 国政課題で厳しい目

今朝の佐賀新聞は読み応えがあります。

自民圧勝と言われる全国と違って、佐賀では小選挙区で自民党が画像全敗。自民党に投票した人も「消去法」との声が路上取材で見えています。


無所属で立候補した原口一博さん、「希望の党」で立候補した大串博志さん、共に政党にとらわれない個人票を築き上げての結果ともいえます。その意味では、大串さんも「希望は正直、逆風だった」と最後に語ったと記事にあったように、今回の選挙ではご両人とも無所属の方が、より共感が得られたのだろうと思います。


社説では、佐賀にはオスプレイ、諫早干拓、九州新幹線長崎ルート、玄海原発再稼働など、国政と対峙する課題が山積していて、県民が国をどう見ているかの表れだったのでは、と述べています。私も同感です。
自民党の「圧勝」と言いますが、議席数は全体でも減らしているし、県内での自公の比例得票率も下がっています。佐賀での結果はある意味、今の自民党政権に対する本来の真っ当な評価ではないか、と思えてしまいます。


県内の主な政党の比例得票率で、前回画像より減らしているのが自民、公明、共産党で、逆に社民党が増やしているというのも地域的な要因があるのかもしれません。


結局は政党でなく人で選ぶしかなかったというのが佐賀の選挙ともいえそうで、そうなると、この小選挙区制の弊害をますます実感してしまいます。各選挙区で1人しか選べないというのは、無所属で立候補した場合には「比例復活」はあり得ないことからも、民意の切り捨てになりかねない、ということです。
せめて、以前の中選挙区制に戻して、志ある政治家個人でもスジを通して国会に送り出されるような仕組みにしていかなくては、政党の離合集散に翻弄されていては本当の政策論議もできない気がします。
そんないろいろを考えさせられる選挙でした。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック