宣伝カーの代替わり

1999年から使っていた宣伝カーに代わり、新しい宣伝カーがや画像って来ました。と言っても中古車です。


これまでの車も中古車でした。実は99年の市議選告示直前に、存命中の連れ合いの軽ワゴンが宣伝カーを兼ねていたのですが、彼が自損事故を起こしてしまい、オシャカになったため、大急ぎで代わりの車を探していたところ、とある中古車センターで巡り合ったのが、この三菱の軽ワゴン ブラボーでした。


それまではシルバーの車体でしたが、明るいアイボリーだし、ナンバープレートが10-00だったのも「トーセン」に通じる感じで幸先がいい、ということで即決で購入しました。


連れ合いはもともと「小は自転車の鍵から大は自衛隊のレーダーサイトまで整備する」という腕の持ち主で、共産党の中央の宣伝カーの整備もやっていたということもあり、車内の改造から看板まで、すべて手作りで整えてくれ、無事に告示に間に合うことができたのでした。


翌年の2000年4月に連れ合い画像は逝ってしまったのですが、それから実に18年間、この宣伝カーはあちこち走り回って活躍してくれました。
途中でくたびれて来た時に何度か車屋さんから買い換えを勧められましたが、連れ合いの形見のようなものでもあり、なんとかなだめすかしながら6回の市議選を闘ってきた「戦友」でもあります。


看板もカーテンレールを利用して前方のRをかたどったりして凝っていたので、プロの看板屋さんも褒めてくださっていました。


とはいえ、かなりサビも来ていたし、2月に党を外されてからは、この看板をつけて走るわけにもいかず、駐車場に停めっぱなしで放置状態でした。


いくら何でもこのままでは難しい、と思っていたところ、おなじみの車屋さんから「いいのが入りました」と連絡を受けたので見せていただいたのが、今度も三菱のちょっと新しいタイプのの軽ワゴン。
窓が大きくて、スッキリしているのも気に入って、これに換えることにしました。


車屋さんも、これまでの経緯をご存知なので、できるだけ希望に沿うように、と、スピーカーの土台を特別仕様に加工してくださったり、ナンバープレートも100-00を引き継いでくださいました。


看板はこれからですが、新しい車に希望と勇気を乗せて、元気に駆け回りたいと思います。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック