9月の終わりに市政報告こんだんかい会@篠笛と歌つき

9月最終日の午後、神野公民館での市政報告こんだん会は、こじんまりとした感じでしたが、オープニングに「紬」(山田節和さん・森田希代子さん)のお二人による画像篠笛の演奏をしていただきました。


「赤とんぼ」「ふるさと」に続き、3曲めの「花は咲く」では、森田さんのソロにのせて私も歌わせていただきました。


今日、明日と東北復興マラソンや東松島市の小野駅前応急仮設住宅から誕生したソックス人形「おのくん」のふるさと仮設住宅が役割を終えるのあたっての感謝祭が行われるという事もあり、佐賀から東北支援の思いを紡ぐ、という気持ちを込めて歌わせていただきました。

市政報告では、8月画像定例議会を中心にお話ししつつ、オスプレイや原発、国保や介護、保育の問題などでは佐賀市だけでは解決できない国の予算の問題もあることから、総選挙も同時に行われることは市政と国政とを同時に考えることのできるチャンスだと訴えました。


後半の懇談では、オスプレイの危険性や「賛成派の人たちが『経済効果』として期待しているのは何か」「原発は人間と共存できないと思うが、それに代わるエネルギーの開発普及についての具体的な展望はあるのか」といった問題、子どもの貧困問題、訪問看護の現場から見ての退院後に地域で受け皿がないという問題、佐賀県で急増している外国人の方たちを意識した街づくりの必要性、などなど参加者どうしでもやり取りがなされるような活発なものとなりました。

私も、今日出されたご意見を生かして、さまざまな提言もできるように、引き続き頑張る決意を新たにしました。


画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック