次の世代に語りつぐ1冊「戦争ってなあに」

町の小さな印刷屋さんでもあり、詩人でもある宮木恵子さんが、これまでに書きためた子どもたちに語りつぐ平和の詩が一冊の本になりました。

先日の佐賀新聞に大きく紹介されていたので、欲しいなあと思っていたところでした。


宮木さんが体験した戦時中のことなどが柔らかく、心にしみる言葉となって紡がれています。
朗読をしたくなる作品ですね、と言ったら
「グループホームに呼ばれて朗読したとよ~」とのこと。

ああ、やっぱりね。

お母さんやおじいちゃん、おばあちゃんが次の世代に語りつぐのにちょうどいい一冊です。

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック