宮城県人会さが、東北支援をアピール@メーデー会場

「大型連休」スタートの今日は、朝から宮城県人会さがのミッションで、どんどんどんの森で行われるメーデー会場での東北支援ブースでの出店準備へ。毎年、市内で行われる2つのメーデー会場に出店させていただいていますが、まずはここです。

いいお天気に恵まれ、宮城の名産や福島からの避難者支援もあわせての品々を並べてアピールしました。

画像


この数年、出店をさせていただいているからか、おかげさまで毎年楽しみにしてくださる方もあり、迷わず仙台麩や鯨の大和煮缶詰、仙台マコロンをお買い求めいただく方がいらっしゃると嬉しくなります。

今年は仙台麩で作ったラスク風のかりんとうが初お目見えで、好評のうちに完売しました。

宮城つながりで幟に惹かれて声をかけて来られる方もありましたし、被災地から佐賀に避難して来られここにきて初めて宮城のつながりに出会えた、という方の初参加もあり、今村前大臣の心無い言葉とは正反対に、東北の被災地への思いを繋ごうという心意気にあふれた場となりました。

5月1日は、夕方6時から呉服元町の656広場でのメーデー会場にも出店させて頂きますよ~٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

画像

画像

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック