学校給食の保護者負担軽減を! 請願書の趣旨説明します

 「小中学校の給食の保護者負担軽減を求める請願」が画像3月9日に新日本婦人の会佐賀支部から提出されました。

 紹介議員には、私・市民共同の山下明子と一般質問でも給食の無償化をとりあげた共産党の中山議員との2人がなっています。

 佐賀市では、合併後の市町間の統一を図る目的もあって小学校の給食費の統一をめざし、光熱費の市負担までは実現していますので保護者負担は食材費、ということになります。

 県内では給食の無償化に取り組む自治体も出てきましたし、佐賀市で無償化すると小学校給食では5億4千万円かかるといいますが、一気には無理でもこれを段階的にでも軽減されるように、というのがひとつ。

 もうひとつは中学校給食がミルク給食+「選択制弁当方式」なので、育ちざかりのすべての子どもに完全給食を、ということも切実な願いです。給食センターの弁当を注文する子、自宅から弁当を持ってくる子、パンやコンビニ弁当などですませる子、というふうに分かれてしまい、就学援助の給食費補助の対象にもなりにくい場合も出てくるのではないでしょうか。

 というわけで、今日(15日)の委員会審査の開始時間が、全体が9時という中で私の所属する経済産業委員会だけ10時なので、文教福祉委員会の冒頭に請願の審査をするにあたり、紹介議員の趣旨説明の場を設けていただきました。本当は請願者自身による趣旨説明をさせてくれるのが一番いいと思うのですが。

 「5分程度でやってくれ」との話なので、シンプルに率直に訴えたいと思います。今議会の一般質問では自民党議員でも「子どもの貧困問題」をとりあげているのだし、多くの議員が関心を持っている問題には違いないと思います。ぜひとも、採択していただきたいものです。

  写真は、9日の請願書提出の時のもようです。議会事務局で受け取ってくれました。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック