オスプレイ問題で学習会

 佐賀空港へのオスプレイ配備反対佐賀県連絡会主催により、日本平和委員会理事の小泉親司氏を講師とする学習会が開かれました。


 小泉氏は12月14日に名護市沖でオスプレイが墜落した現場に駆けつけたそうで、すでに米軍により規制線が設けられた中でアメリカの「軍政下」にあるような沖縄の実態が報告されました。


 また夜間の空中給油訓練の相手機が通常の給油機(KC130)でなく特殊作戦用のMC130であったことや、オスプレイ自体が、航続距離を延ばして作戦展開するための輸送機であること、翼を折りたたんで艦載機に積めるためにローターが小さく、構造的にオートローテーション機能(エンジンが停止してもローターの回転浮力で着地できる機能)はないのに「ある」と言い続ける防衛省の欺瞞などを指摘し、佐賀空港に配備され軍事基地化されてはならない、と強調されました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック