今年の映画見納め @シアターシエマ

今年は結構、映画を観た1年でした。

その見納めに、午後からシアターシエマで上映中の話題の画像映画「この世界の片隅に」を観にいきました。

美しいアニメーションと、淡々とした日常の続き向こうに戦争の影が覆いかぶさってくるリアルな表現、そしてどこか儚げな雰囲気とが混ざり合って、不思議な映画だと感じました。

話題の作品ということで、シエマには珍しく満員のお客さんで、久しぶりに映画の盛り上がりを感じました。

観終わってロビーに出たところで、映画好きの友人とバッタリ。彼女も夜の部を観るところだということだったのですが、そこでもうひとつ観たいと思っていた「ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち」話になりました。私は年明けに見ようと思っていたのですが、なんと今日まで上映だと、しかあと10分ほどで最終上映だというので、そのまま、「二本立て興業」よろしく、再びチケットを買いました。

この作品は、ナチスドイツの手からチェコスロバキアのユダヤ人の子どもたちを逃したイギリスの証券マン勇気と信念描いているのですが、そこにとどまらず、彼に助けられた子どもたちのさらに子どもたちの世代にまで思いが引き継がれているという広がりを感じることのできるドキュメンタリーでした。

こちらは、観客4人でしたが、たくさんの方に見ていただきたい作品でした。

というわけで、来年もまた、いい作品にめぐり合うことを期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック